このページの本文へ

乗り換えの合間にロッシル・インターナショナル・サーキットに行ってきた

ドーハの喜劇! トランジットの合間にサーキットへ行こう!

2009年04月09日 20時00分更新

文● 藤吉隆雄 写真/藤吉隆雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

照明がセーブされているナイト・レース

 ロッシル・サーキットにも夕闇が迫ってきた。せっかくのドーハ8時間耐久レースだし、やっぱり写真を撮ろう。しかし、重大な問題に気がついた。ホーム・ストレートのパドック側の照明がついていない。照明がセーブされているのだ。これは写真を撮るには痛い。観客席に指定されているところからくらい、良く見えるように照明をつけましょうよ。

 やっぱりグランド・スタンドに行こうか。だが、フィニッシュまで2時間を切っている。片道30分。フィニッシュの後の表彰式はピット・ウォールで撮りたいので、戻ってくるのに30分。よし、往復1時間歩いてパブリック・エリアまで行こう、と決断した。

撮影できる写真もこの程度。けっこう厳しいものがある
カタール・ガスで働くという2人組。ハーレーのジャケットを着ているかなりの好き者。「WGPの時は場内連絡バスが出ていたのに、なんで今日は運行してないのだろうね?」え? そうなの?
レース開始から6時間以上が経ったサーキット。やっぱりグランド・スタンドはガラガラ。パドック側の照明が全くついていません。視界もさえぎられ、照明もない。一番高い席なのに

タクシーでグランド・スタンドへ

 パドックからグランド・スタンドへ歩いていく! そう決めた僕だが、やはり何もない道を片道30分はツライ。途中、警備員の前を通るたびに呼び止められる。サーキット構内を歩いている奴なんていないからである。パブリック・エリアに歩いて行くというたびに「正気か?」「やめとけ!」「なんで?」と言われまくり。

 ゲートまで来た。ゲート通過の証拠写真を撮ったら、オマワリさんが突然怒り出した。

何で写真撮ってるんだ! 写真を撮るのは問題があるって知らないのか!

 スポーツ・イベントで記念写真を撮ったら怒られるって……。しかし、少しだけ幸運も待っていた。ゲート前でタクシーが客待ちしていたのである! ラッキーと思った瞬間、Uターンしようとするタクシー。慌てて駆け寄り窓を叩く。

 ゆっくりと走るタクシーは、約5分でグランド・スタンド着いた。料金は5リアル(約150円)。あんなにコース全長が長い鈴鹿サーキットだって、歩いて場内を移動するのがそんなに苦にならないのに、タクシー移動とは何か釈然としないが仕方がない。ゲートを入ろうとすると係員に呼び止められた。

カメラ持って入ったらダメ。アルジャジーラ・チャンネルしか撮影できないことになっている

 たぶん係員は、何かと勘違いしているのだろう。パドック側から見て、写真を撮っている人がいたし。でも、そんなことを説明するのも面倒くさい。

僕はアルジャジーラの人だよ

 と言って、そそくさとグランド・スタンドへ。これは本当のことで、僕はアルジャジーラ・チャンネルのメディア訓練開発センターの臨時スタッフなのだ。

夕闇に浮かぶパドック・エリアのゲート。この写真を撮った直後にオマワリさんに怒鳴られることになるタクシーでソロソロとパブリック・エリアへ。運転手さんもパブリック・エリアに行くのは初めてらしく「こっちで良いのかな?」とか言っている。間違った方向に行ったら「ロッシル複合射撃区域」に行ってしまうじゃないか!
ゲートに入ったところにはフワフワ遊具が。遊んでいる子供は皆無パブリック・エリアのゲートは日本のサーキットと同じようなつくり。でも、右端のひとつしか空いていない

(次のページへ続く)

東京ゲームショウ2019大特集!

  • 週アス TGS2019 特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ