このページの本文へ

iidaといっても飯田橋とは関係ありません

auの新ブランドはデザイナーとコラボするケータイ

2009年04月07日 20時37分更新

文● ゴーズ(小林誠、今西絢美)、岡本善隆/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ACアダプターにもデザイナーの手が
iidaは単なる端末にとどまらない

 iidaの製品のラインナップは端末に限らない。その周辺機器にまで広がる非常に自由度の高い試みであるのも大きな特徴である。

 iidaの周辺機器として3000台限定発売されるのがMobile pico projector(モバイルピコプロジェクター)。ケータイと一緒に持ち歩くのに便利な小型プロジェクターで、G9と同じ岩崎一郎氏によるデザイン。G9ユーザーには特別価格で提供される。

Mobile pico projector

ケータイの平型イヤホン端子を使って接続するため、たとえばネットブックに接続して使うといったことは残念ながらできない。PCドキュメントビューアと組み合わせれば、どこでもプレゼンが可能だ

Mobile pico projectorのデモ

鮮明に映すには周囲を暗くする必要があるものの、「細かい文字は見えなくてもいい」というなら多少明るくても十分見られる。20インチ程度のサイズなら映像を楽しむのに問題ないレベル

 端末側でどれだけオシャレにしても、ACアダプターのデザインやカラーはいつも同じものというイメージが強かったが、「充電器にも個性を」ということで、観葉植物のように葉を付けられるACアダプターMIDORIが開発された。

MIDORI

まるでツタのような「MIDORI」。素材はとくにエコ素材というわけではないそうだが、インテリアとして飾ってあっても楽しそうだ

カラバリACアダプタ

同時発表のAO、SHIRO、MOMO、CHAという4色のカラバリACアダプタ。デザイナーはMIDORIも含めてMicroWorksの海山俊亮氏がプロデュースしている

misora

モックアップでの展示だった「misora」(ミソラ)。無駄のない外装が特徴で「雲の重なり」「夕日に染まる空」「月明かりに照らされた夜の海」をモチーフにした3色が用意されていた。プロダクトデザイナーの迎 義孝氏とのコラボ。詳細は不明だが、機能よりもシンプルさが売りの端末となりそうだ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン