このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

基本性能が向上したVAIO 2009夏モデルなど発表

2009年04月07日 14時00分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーはVAIOブランドのデスクトップ/ノートパソコンの2009年夏モデル、5シリーズを発表した。いずれも基本性能がやや向上したマイナーチェンジとなっている。店頭販売モデルの価格は、全機種オープンプライス。


全機種1TB HDD内蔵 VAIO type L

VAIO type L

VAIO type L。左が24型ワイドのLV(カラーは直販モデルのブラック)、右が20.1型ワイドのLN

 テレビチューナーを内蔵する液晶ディスプレー一体型デスクトップのVAIO type L。24型ワイドの「VGC-LV72JGB」は、GPUをGeForce 9600M GTに強化。また全機種が1TBのHDDを内蔵した。

 ラインアップには72JGBと52LGBの2種類があるが、最も重要な違いは、地デジ録画をH.264で圧縮保存する「AVCトランスコーダー」の有無である。これを搭載する72JGBの方が、長時間の番組録画が可能だ。また、LV72JGBのGPUはGeForce 9600M GTだが、LV52JGBはIntel G45 Expressチップセット内蔵機能となっている。

 OSは全機種が64bit版を搭載する。主な機種のスペックと予想実売価格は以下のとおり。発売日はLV72JGBとLN72JGBが5月2日、LV52JGBとLN52JGBは4月18日の予定。

VGC-LV72JGB(24型ワイドモデル)
CPU Core 2 Duo E7400(2.80GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス GeForce 9600M GT
ディスプレー 24型ワイド 1920×1200ドット
HDD 1TB
光学ドライブ 記録型BDドライブ
テレビ機能 地上デジタル放送チューナー×2(AVCトランスコーダーあり)
無線通信機能 IEEE 802.11b/g/n(Draft 2.0)、Bluetooth 2.1
サイズ 幅657.2×奥行き175×高さ467mm
OS Windows Vista Home Premium SP1 64bit版
予想実売価格 28万円前後
VGC-LN52JGB(20.1型ワイドモデル)
CPU Core 2 Duo E7400(2.80GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス Intel G45 Expressチップセット内蔵
ディスプレー 20.1型ワイド 1680×1050ドット
HDD 1TB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
テレビ機能 地上デジタル放送チューナー×2
無線通信機能 IEEE 802.11b/g/n(Draft 2.0)、Bluetooth 2.1
サイズ 幅570.8×奥行き175×高さ413mm
OS Windows Vista Home Premium SP1 64bit版
予想実売価格 20万円前後

CPUを強化 VAIO type J

VAIO type J

VAIO type J。カラーはライムグリーン

 テレビチューナーを持たないコストパフォーマンスと個人使用重視の液晶ディスプレー一体型デスクトップ「VAIO type J」。2009年夏モデルは、OSがWindows Vista Home Premium 64bit版に変更。合わせてメモリーも4GBに増量されている。

 また、CPUが低価格デュアルコアCPUのPentium E5200(2.50GHz)に強化された。主な機種のスペックと予想実売価格は以下のとおり。発売日は4月18日の予定。

VGC-JS72JB/S
CPU Pentium E5200(2.50GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス Intel G45 Expressチップセット内蔵
ディスプレー 20.1型ワイド 1680×1050ドット
HDD 500GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
テレビ機能 搭載せず
無線通信機能 IEEE 802.11b/g/n(Draft 2.0)、Bluetooth 2.1
サイズ 幅487×奥行き157×高さ408mm
OS Windows Vista Home Premium SP1 64bit版
予想実売価格 17万円前後

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン