このページの本文へ

手持ちのカーオーディオをiPod対応に「KOS-A300」

2009年04月02日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ケンウッドは2日、カーオーディオにiPodやUSBオーディオを接続するための拡張型メディアコントローラー「KOS-A300」を4月上旬に発売すると発表した。価格は4万2000円。

KOS-A300

KOS-A300。ディスプレイおよびリモートコントローラーは、自由な位置に設置可能だ。また、ハイダウェイユニットは小型で場所をとらず、シート下などに設置できる

 ケンウッド製品に限らず、既存のカーナビやカーオーディオにデジタル音楽プレーヤーをつなぐための製品。音声出力は、ライン出力またはFMモジュレーターを選べるため、幅広いシステムに対応できるという。

 iPhone/iPodシリーズでは、別売の専用ケーブル「KCA-iP101」(価格は2100円)を使って本製品と接続する。USB 2.0端子を備えており、USB音楽プレーヤーを差して再生できるほか、カードリーダーをつないでメモリーカード内の音楽を聴くこともできる。このほかAUX入力端子も用意する。

 楽曲の検索機能としては、再生中の曲と同じアーティスト/アルバム/ジャンル/作曲者の曲を探せる「リレーテッドサーチ」や、頭文字を指定して該当項目だけを表示する「アルファベットサーチ」などを用意する。

 USB接続時の音声フォーマットはMP3/WMA/AAC/WAVの4種類。ファイルシステムはFAT16/32。本体サイズは、ハイダウェイユニットが幅156×高さ31×奥行き95mm、ディスプレイユニットが幅100×高さ41×奥行き19mm、リモートコントローラーが幅60×高さ44×奥行き67mm。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中