このページの本文へ

ソニー、ハイビジョンハンディカム「HDR-TG5V」を発表

ポケットサイズのビデオカメラにGPSも内蔵

2009年04月02日 14時00分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HDR-TG5V

ハイビジョンハンディカム「HDR-TG5V」

 ポケットサイズで重さ約300gのミニハイビジョンハンディカムとして話題を呼んだソニーの「HDR-TG1」。その後継機である「HDR-TG5V」が発表された。価格はオープンプライスで、予想実売価格は12万円前後。発売日は4月20日の予定だ。


さらに小さく、スタイリッシュに

本体全景。右は付属の「ハンディカムステーション」に乗せ、ディスプレーを開いた状態。ステーションにはHDMI出力端子を装備する

HDR-TG1

ハンディカムでは唯一のグリップ型ボディーの前機種「HDR-TG1」

 新しいHDR-TG5Vは、旧TG1のコンセプトであったポケットに入るサイズと、シックで高級感のあるデザインを継承しながら、さらなる小型化を実現している。と言っても、TG1がすでにかなり小さいので、大幅な小型化というわけではなく、幅や高さが2mmほど小さくなっている程度ではある。

 しかし、液晶ディスプレーヒンジ部をフラットに改めたり、ボディー右側面のデザインの変更などにより、全体的にすっきりした美しい仕上がりとなっている。カラーリングは1色のみだが、チタンボディーのやや赤みのかかったシルバーとグレーの配色は、老若男女を問わずに好感を持たれるデザインを目指している。

 重さは約280g(撮影時重量)と、約300gだったTG1より若干軽くなり、世界最小・最軽量をうたっている。

本体前面

本体前面。でっぱりやへこみがなく、スリムさが強調されたデザイン

本体背面

本体背面。バッテリーやメモリースティックスロットはグリップ部背面のカバー内にある


GPS内蔵で、どこで録ったかが一目で分かる

 HDR-TG5Vのもうひとつの大きな特徴が、GPSの内蔵である。撮影した動画や静止画に位置情報を埋め込んで、カメラ上や付属のWindows用ソフト「Picture Motion Browser」で撮影場所を確認したり、携帯GPS代わりに地図を確認するといった使い方が可能だ。内蔵する地図情報は日本国内だけでなく、北米、欧州、オセアニアなどにも対応する。海外旅行の際に役立ちそうだ。

TG5V上で地図を表示したサンプル画面

TG5V上で地図を表示したサンプル画面。撮影場所にはピン型のマークが付く

 撮影機能はTG1と同等である。光学10倍ズームレンズ(電子式手ぶれ補正)と静止画時最大約400万画素のExmor CMOSセンサーを搭載。フルHD(1080i)解像度でAVCHD(MPEG-4 AVC/H.264)形式での録画ができる。ビットレートは最大約16Mbps。記録媒体は内蔵の16GBメモリーと、メモリースティックデュオ/PROデュオなどに対応する。

 顔認識や笑顔検出機能「スマイルシャッター」といった撮影補助機能を備えるほか、ディスプレー上に表示されるメニュー画面を、ユーザー自身で必要なものだけにカスタマイズする「マイメニュー」といった使い勝手を向上させる機能も備える。

 本体と同時に専用アクセサリーとして、TG1で要望の多かったワイドエンドコンバージョンレンズ(VCL-HGE07TB)も発売される。装着時には、ワイド端で40%ほど広角で撮影できるという。オプションレンズの価格は1万2600円。

ワイドエンドコンバージョンレンズを付けた状態

専用オプションのワイドエンドコンバージョンレンズを付けた状態

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画