このページの本文へ

アップル、WWDC 2009の日程を発表 6月8日から

2009年03月27日 05時59分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米アップルは現地時間の26日、アップル製品の開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2009」(WWDC)を6月8〜12日に開催すると発表した(関連ページ)。場所は米国・サンフランシスコにあるイベント施設「モスコーニ・ウェスト」。

WWDC 2009の特設ページ

WWDC 2009の特設ページ

 iPhone OSや時期Mac OS X「Snow Leopard」について解説される「テクニカルセッション」や、アップルのエンジニアからマンツーマンで技術を学べる「ハンズオンラボ」が開催される(WWDC 2008の様子)。世界中のMac/iPod/iPhoneの開発者と交流できるのもWWDCの魅力だ。

 チケットはオンラインのApple Storeで購入できる。4月24日までに購入すると早期登録割引が適用されて、3万円割引の12万8800円だ(関連ページ)。そのほか、「ADC Select メンバーシップ」(価格は5万6800円)や「ADC Premier メンバーシップ」(39万5800円)など、WWDCのチケットに加えて、テクニカルサポートやハードウェア購入割引特典などが付属するデベロッパープログラムも用意する。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中