このページの本文へ

ユニークな写真加工アプリ「みつをフォトアート」

iPhoneの写真と「にんげんだもの」の書をコラボ!

2009年03月24日 22時10分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 テレビ東京ブロードバンドは24日、相田みつを美術館と共同開発したiPhone/iPod touch用の写真加工アプリ「みつをフォトアート」の配信を開始したと発表した(iTunes Storeで見る)。価格は450円。

みつをフォトアート みつをフォトアート
みつをフォトアート

 自分で撮影した写真を加工し、相田みつお氏の「書」を乗せてアレンジが楽しめるアプリ。背景やフレームを選んだり、写真や書を拡大/縮小したりして好みのレイアウトを作れる。

 書は全12種類で、「つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの」「いのちいっぱい じぶんの花を」「そのときの出逢いが」といった人気の高い作品を集めたという。合成した写真はメールに添付できるほか、プリンターでの印刷にも対応する。なお相田みつおのコンテンツが世界に配信されるのは初めてのことだという。

 アプリの発売を記念して、27日の18時30分より東京・銀座にあるアップル直営店「Apple Store Ginza」にてイベントを開催する(関連リンク)。

みつをフォトアート みつをフォトアート

(C)TXBB / Mitsuo Aida Museum / Developed by Bottle Cube.



カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中