このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今度はセーブのやり方だ

懐かしのMSXアプリをPCでつくり、持ち出そう

2009年04月06日 12時00分更新

文● Mマガクラブ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「EM・ONEα」に自作ゲームを入れる


 しかし「EM・ONEα」にキーボードが付いているといっても、57行のプログラムを入れるのは、少々面倒臭いかもしれない。そこで今回は普通のパソコン、つまりWindows上で動いているMSXPLAYerでプログラミングして、それを「EM・ONEα」にコピーして遊ぶ方法をビデオに収録してみた。

 なお、Windows版MSXPLAYerは「MSXマガジン永久保存版」(アスキー・メディアワークス刊行、Amazonの購入ページ)に収録されているので、こちらから入手して欲しい。まずはWindows環境上でBASICを立ち上げ、57行のプログラムを打ち込んだらセーブしよう。このセーブしたデータを「EM・ONEα」に移すには大きく分けて二つの方法がある。一つはUSBケーブルを使ったコピーで俗にいう「ActiveSync」の機能だ。今回はもう一つの方法、SDカードを使ったコピーをビデオで紹介しよう。

まずは、Windows版PLAYerからセーブファイルをコピー

次にActiveSyncやSDカードでファイルを移そう

 いかがだろうか。難しそうに見えるかもしれないが、携帯電話に写真や動画などを移すのと大差はない。ぜひ、サンプルプログラムを打ち込んでほしい。そしてゲームを自作して携帯端末で遊べるという楽しさを体験していただきたい。家ではMSX本体やWindows上のMSXPLAYerでプログラミングし、電車の中や出先でちょっとプログラムを改変しながら微調整なんてこともこれで可能になったのだ。

 なお、詳しいマニュアルは「EM・ONEα」スペシャルコラボキャンペーンに付属の「MSX MAGAZINE特別号 CD-ROM版」に収録されているので、こちらをご参照頂きたい。


「EM・ONEα」×「MSX MAGAZINE」スペシャルコラボ展開中

MSXのゲームやゲームの自作ができるMSX BASICが収録された「EM-ONEα」の同梱版も限定発売中だ

 また、MSXゲーム10本とゲームを自作できる「MSX BASIC」を収録した「MSX MAGAZINE特別号 CD-ROM版」の付いた「EM・ONEα」が販売されている。ここでしか買えない限定1000台のスペシャルパッケージだ。

■関連サイト

「EM・ONEα」「MSX MAGAZINE」スペシャルコラボキャンペーン

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン