このページの本文へ

パワポで極める「ビジネス極意」 第5回

これぞ完璧企画書――「1枚企画書」パターン実例3題

2009年03月30日 06時00分更新

文● 竹島愼一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

見せ方のポイント

レイアウト

コンセプトを中心に、「SVCIP」のすべての要素がきれいに揃ったエ型フローの典型例

 この企画書は企画を煮詰めてできたというより、「信賞必達」制度という言葉が最初に浮かんで、そこから内容が広がって作られたものです。コンセプト発想にはそのような拡散力があります(関連記事)。

 したがって最も主張したいこのコンセプトワードが最初に目に飛び込んでくるよう、ここだけ暖色に色を変えてあります。

 大きくすると目立つ、というのは実際そうですが、大きくしなくても色や形で目立たせることは可能です。かえってそのほうがセンスよく見せることができ、結局は一番目立つことにつながります。


■ カラーリング

 基調色は鮮やかな緑色と青色です。両者はダブルバランスの関係にあります。

 強調色は赤色で、黄色は上に赤色を載せるために採用した色で、目立たせるための補助色です。


■ 作成ポイント
カプセル型のタイトルスペースの描き方

 角丸四角形の角を丸くして、円やひと回り小さい角丸四角形と重ね合わせると、タイトルスペースにもアクセントをつけられる。

角丸四角形と円を重ねる

角丸四角形と円(楕円ツール)を重ねて描く

 ポイントは重ね合わせる図形の丸みの部分をきれいに合わせるということである。下図のように、小さな円も組み合わせると、画鋲で留めたような味わいを出すことができる。

角丸を調整

重ねた円のカーブに合うように角丸を調整する

画鋲で留めたようなデザイン

小さな円を重ねて、画鋲で留めたようなデザインに仕上げた

  1. [角丸四角形]を横長に描く
  2. [楕円]で正円を描く(正円は[Shift]キーを押しながら作成する)
  3. 正円の外側のカーブときれいに揃うよう、角丸四角形の黄色いハンドルを右側にドラッグする
  4. [Shift]キー+[Ctrl]キーを押しながら下にドラッグしてコピーを作る
  5. 角丸四角形の左下のハンドルを右上方向にドラッグして縮小する
  6. センターをきれいに見せるため画鋲のような円を左右に入れた

 (次ページ、「企業の社会貢献を宣言した『ミッション遂行型企画書』を作る」に続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ