このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

パワポで極める「ビジネス極意」 第5回

これぞ完璧企画書――「1枚企画書」パターン実例3題

2009年03月30日 06時00分更新

文● 竹島愼一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

見せ方のポイント

レイアウト

左→右、左→右と読ませる上下の図形に変化をつけ、さらに中央のコンセプトを色と形で強調している

 上段と下段に、左から右への流れがある、というのがヨコ位置「1枚企画書」のオーソドックスな形ですが、上下で図形の形態を変えると目先も変わるので、どこがどう違っているのだろう、と相手の注意を喚起することができます。

 この企画書でもそうで、下は「ブロック矢印」の「右矢印」で流れを見せているのに対し、上は「ホームベース」を使用しています。

 「企画目標」の右隣の「競合」(SWOT分析でいう「脅威」)は「企画目標」に付随する条件ですが、「爆発1」というオートシェイプを使用したもので、動きの表現に適しています。

 この「爆発1」のような斜線を使ったパターンは、色数をむやみに増やしたくないときに用いるのに適しています。


SWOT分析:強さ、弱さ、機会、脅威の4つの観点から分析するマーケティング手法


■ カラーリング

 全体を基調色の青色で統一し、コンセプト=本のタイトル案の提示は一番目立たせたいので、反対色のマゼンタが用られています。

 マゼンタの部分を限定して、一番に目がいくよう配慮してあります。


■ 作成ポイント
爆発マークとパターンのつけ方

 「競合からの脅威がある」という意味を表現したいときには、オートシェイプの「爆発」を使うとダイナミックな表現ができる。

爆発1を太めの縦長に

爆発1を太めの縦長に伸ばす

 「爆発」には1と2があり、2のほうが傾きがあって動きの表現に向いているが、ここでは1をやや太めの縦長にする方法をとっている。

インパクトのある模様に

パターンの斜線(対角線)でインパクトのある模様にする

読ませたいブロックに導く

パターン付きの「爆発1」を添えることで、「競合からの脅威」であることがひと目でわかる

  1. [オートシェイプ]→[星とリボン]→[爆発1]をクリック
  2. 右側上のハンドルを右上方向へドラッグ
  3. [図形描画]ツールバーの[塗りつぶしの色]→[塗りつぶし効果]をクリック
  4. [パターン]タブをクリック→[右上がり対角線(反転)]を選択
  5. [前景]の▼をクリック→[ユーザー設定]をクリック
  6. 斜線のパターンのついた爆発マークが完成した

 次回からは、本書の姉妹版である「5枚プレゼン」を5回に渡って解説する予定。


■より詳しくなりたい人にオススメBOOK(Amazon.co.jp)


前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ