このページの本文へ

マイクロソフト「SideWinder X8 Mouse」

BlueTrack採用MS製マウス「SideWinder X8 Mouse」が発売!

2009年03月13日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフト製のゲーム用ワイヤレスマウス「SideWinder X8 Mouse」の販売が今日から複数ショップでスタートしている。

「SideWinder X8 Mouse」 ポップ
今日から複数ショップでスタートしたマイクロソフト製のゲーム用ワイヤレスマウス「SideWinder X8 Mouse」
サイド
キーボードで操作するコマンドもマクロとして7つのボタンに登録する事ができ、本体側面のLCDディスプレイで確認する事ができる

 同マウスは、青色LEDの採用により光学式とレーザー式のメリットを採り入れ、高いトラッキング性能を実現したBlueTrackテクノロジーを採用したワイヤレスゲームマウス。スキャン速度13000fps、最大加速度75G、最大速度120ipsとなり、光の照射角度とCMOS イメージセンサーへの入射角度を最適化。また、通常のレーザーと比べ4倍大きな青い光線を照射する事により、コントラストの高い像を広範囲で認識させることができるため、幅広い種類の表面での正確なトラッキングと操作を可能としているという。

製品 裏面
青色LEDの採用により光学式とレーザー式のメリットを採り入れ、高いトラッキング性能を実現したBlueTrackテクノロジーを採用。幅広い種類の表面での正確なトラッキングと操作を可能としている
充電時 コネクタ
充電時は、マウス先端部にマグネット式のケーブルを装着する。もちろん充電しながらの利用も可能で、その際はさながら有線式マウスのような格好に
ソール部分
交換用も含めるとソールは計3種類が用意されることに。本体裏側のソールも爪でひっかけるようにすると簡単に外すことができる

 中央部の3つのボタンでは、3つの解像度(250~4000dpi)をワンクリックで切り替え可能。さらにキーボードで操作するコマンドもマクロとして7つのボタンに登録する事ができ、本体側面のLCDディスプレイで確認できる。また、ゲームに合わせ5つのメインゲームボタン、左/右チルトボタンをカスタマイズが可能としている。
 本体サイズは77(W)×125(D)×38(H)mm、重量約143g。ワイヤレストランシーバ(USB接続/2.4GHz帯)となる円形状のユニットはケーブルアンカーとしても機能する仕組み。さらに、ふたを開けると2種類の滑り心地が異なる交換用ソールを収納しているというのもユニークな点だ。充電時は写真のように、マウス先端部にマグネット式のケーブルを装着する。もちろん充電しながらの利用も可能で、その際はさながら有線式マウスのような格好となる。価格はアークで9350円、パソコンハウス東映で9600円、クレバリー2号店で9948円、T-ZONE.PC DIY SHOPで9980円だ。

ワイヤレストランシーバ ソール
ワイヤレストランシーバ(USB接続/2.4GHz帯)となる円形状のユニットはケーブルアンカーとしても機能する仕組み。さらに、ふたを開けると2種類の滑り心地が異なる交換用ソールを収納しているというのもユニークな点だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中