このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」第64回

Adobe Flashが照らすモバイルの新世界

2009年03月14日 13時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
【今週の1枚】毎年スペイン・バルセロナで開催されるMobile World Congress。2009年は、ワールドワイドに展開される新しいスマートフォンやプラットホームが多数展示される一方で、日本のキャリア、メーカーの話題は少なかったようだ

 現在日本で利用することができるほとんどのケータイのブラウザには、アドビ システムズのFlash Liteが搭載されている。そのため、軽いデータ量でスムーズなグラフィックスやアニメーション、そしてまた親指だけで利用することができるゲームなど、インタラクティブなコンテンツを楽しむことができる。

 2009年2月にスペイン・バルセロナで開催されたモバイル業界最大級のイベント、「Mobile World Congress 2009(以下、MWC2009)」において、アドビからFlashプラットホームの未来が示されたが、ケータイを含む端末のRIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)の世界はどうなるのだろうか。

 アドビ システムズのモバイル戦略を担当するアヌップ・ムラルカ氏に話を聞いた。

Open Screen Projectで広まるアドビの世界

アドビ システムズ社で、モバイル&デバイス ビジネスユニット テクニカルマーケティング部 ディレクターを担当するムラルカ氏。今回はサンノゼの本社とビデオ会議でインタビューを実施した

 Flashは現在、コンピューターから利用するウェブではデザインのツールとして、あるいはブラウザの中で使うアプリケーションを制作するツールとして、広く活用されている。YouTubeで動画が見られるのも、Flash Playerが入っているからだ。一方で先にも述べた通り、ケータイにはFlash Liteと呼ばれるモバイル向けFlash Playerが搭載されている。

 そんなFlashプラットホームの現状の取り組みについて、ムラルカ氏に聴いた。

 「ユーザーの変化に常にフォーカスしています。ユーザーとコンテンツ、そしてデジタル経験をどのようにインタラクティブに変えていくのか。その革新的な動き方は、デスクトップ(パソコン)の環境で実現してきました。これをモバイルその他に適用していくことが、Open Screen Project(以下、OSP)です」(ムラルカ氏)

 OSPは、様々なデバイス上でのウェブブラウジングやスタンドアローンのRIAをワンソースで実現することを目指したプロジェクトで、Flash Playerのプロジェクトから昇華した存在と言える。全てのスクリーン、ディスプレイ上でコンテンツやアプリを配信するための、開発者やデザイナー向けの強力なエコシステムの構築を目指すものだ。

 この背景にはFlash Playerでの経験が生きている。

 「現在は、(Flash Playerのマルチプラットホーム対応によって)ウェブでコンテンツやデザインを発表することが非常に簡単になっています。この公開の容易さをモバイルやテレビで実現しようとしているのです」(ムラルカ氏)

違うプラットホームでも同じゲームが楽しめるようになる。画面はハドソンのボンバーマンをマルチプラットホームで遊べるイメージ

 2008年5月に発表したOSPについて、ムラルカ氏は「この9ヵ月で進捗を見た」と指摘する。例えばアドビは、OSPに対するコミットメントの体制も強化している。これまで分かれていたFlashのチーム、Adobe AIRのチーム、モバイル向けのチームを1つの部署に統合した。

 また問い合わせは200社を超え、各社による対応も進んでいる。auのケータイでも採用しているプラットホームBREWへのFlashの組み込み、モバイル向けプロセッサである「ARM v6」、「ARM v7」への最適化、またCES 2009では、インテル、Broadcom、VIZIO、サムスンなどのテレビやセットトップボックス、Blu-rayプレイヤーなどへのFlash Playerの組み込みが発表されている。

 OSPは、Flashをよりオープンに、そして多数のデバイスで活用するプラットホームへと昇華させるプロジェクトであり、特に組み込み機器への対応について注力していこうとする姿勢が見られる。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン