このページの本文へ

inno3D「GeForce GTS 250」

inno3D、GeForce GTS 250にメモリ1GBモデルが3製品追加!

2009年03月12日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 inno3D製の「GeForce GTS 250」搭載ビデオカードに新製品が3モデル追加となった。これで同社からは計6モデルが発売されたことになる。

inno3D製 基板
inno3D製の「GeForce GTS 250」搭載ビデオカードに新製品が3モデル追加。搭載メモリがGDDR3 1GBモデルの3製品だ

 登場したのは、搭載メモリがGDDR3 1GBモデルの3製品。定格クロックのノーマルモデル「Tornado Geforce GTS250 1GB」(型番:N250-1DDN-D3DY)、定格クロックのHDMIコネクタ付属モデル「Tornado Geforce GTS250 1GB」(型番:N250-1DDD-D3DY)、760MHz/2240MHzにオーバークロックされたHDMIコネクタ付属モデル「Tornado Geforce GTS250 OC 1GB」(型番:N250-1DDD-D3DYX)となる。
 カード本体は、ヒートパイプ採用の2スロット仕様となる冷却ファンを搭載。ブラケット部はDual DVI/HDTV-OUTという構成で、付属品は共通してDVI→D-Sub変換コネクタやHDTV対応コンポーネントケーブル、S出力→コンポジット変換ケーブル、4pin(x2)→6pin電源変換ケーブルなどを同梱する。なお、給電コネクタはPCI Express 6ピン×1仕様。販売し当ているのはアークで、価格は「N250-1DDN-D3DY」が2万480円、「N250-1DDD-D3DY」が2万980円、「N250-1DDD-D3DYX」が2万2480円となっている。

ブラケット ヒートパイプ
ポップ 最上位モデルは760MHz/2240MHzにオーバークロックされたHDMIコネクタ付属モデル「Tornado Geforce GTS250 OC 1GB」(型番:N250-1DDD-D3DYX)。カード本体は、ヒートパイプ採用の2スロット仕様となる冷却ファンを搭載。ブラケット部はDual DVI/HDTV-OUTという構成

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中