このページの本文へ

IPTV関連9社、IPTVサービスの普及で“Open IPTV Forum”を設立

2007年03月20日 17時45分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米AT&T社、フランステレコム社、松下電器産業(株)、オランダのロイヤル・フィリップス・エレクトロニクス(Royal Philips Electoronics)社、韓国のサムスン電子社、ドイツのシーメンス・ネットワークス(Siemens Networks)社、ソニー(株)、テレコムイタリア社の9社は現地時間の19日、IPTVのオープンなエンド・ツー・エンドの仕様を策定するための業界団体として“Open IPTV Forum(オープンIPTVフォーラム)”を設立したと発表した。

同フォーラムで策定する仕様は、コンテンツやサービスの提供元から専用ネットワークあるいはインターネットを経由した端末までを含むIPTVシステム全体の接続インタフェース。候補として挙げられているIMS(IPマルチメディア・サブシステム)やDLNA(Digital Living Network Alliance)などを含む、既存の各種の標準技術を統合し、2007年後半までに、想定されるサービスの要求仕様とアーキテクチャー仕様、プロトコル仕様を策定する予定としている。

なお、同フォーラムは、当初、設立メンバー企業により構成されるが、今後、ほかの企業も参加できるようにするという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン