このページの本文へ

イーフロンティア、3D形状作成ソフト『Sunny 3D』を発売

2007年03月05日 22時21分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)イーフロンティアは2日、ペイント感覚で3D形状を作成できる3D形状作成/ペイントソフト『Sunny 3D』を4月6日に発売すると発表した。価格は5800円。

『Sunny 3D』
『Sunny 3D』

『Sunny 3D』は、ペイントソフトを扱う感覚で3D形状を作成できるソフト。輪郭を描くだけで自動的に3D形状を作成できる機能“3D形状作成機能”のほか、3D形状の表面をマウスやペンタブレットでなぞるだけで、着色できる機能“テクスチャペイント機能”を搭載しているのが特徴。3D形状作成機能には、東京大学の五十嵐健夫助教授が開発した“Smooth Teddy”エンジンが、3Dペイント機能には“Chameleon”エンジンが採用されている。着色には好きなタイプ/太さのブラシを選択できる。好みの画像を貼り付けられる“カラーブラシ”機能も搭載している。作成した3D形状データは専用の保存形式(S3D)のほか、一般的な3DCGソフトで読み込めるOBJファイル形式で出力が行なえる。

対応ファイル形式は、画像がBMP/JPEG/GIF/TIFF/PNG/TARGAなど。3D形状がS3D/OBJ。対応OSはWindows Vista/XP SP2/2000(SP4)、Mac OS X 10.3.9/10.4.8。対応機種はIntel Pentium IIIかAMD Athlon XP以上(クロック周波数1GHz以上推奨)のCPU、512MB以上(1GB以上推奨)のメモリーを搭載したPC/AT互換機、またはPowerPC G4/G5かインテル製CPU(1GHz以上推奨)と512MB以上(1GB以上推奨)のメモリーを備えたMacintosh。

併せて同社では、家計簿ソフト『「おはよう奥さん」のパソコン家計簿』を4月6日に発売する。価格は2800円。

『「おはよう奥さん」のパソコン家計簿』は、(株)学習研究社の家庭実用情報誌『おはよう奥さん』のウェブサイト“おは奥Net”と連動した情報サービスを利用できる家計簿ソフト。おは奥Netの“今日のおすすめメニュー”“今週の旬の料理”“人気メニューベスト10”などの情報を利用できるほか、通常の家計簿とは別に、現金や口座、クレジットカードの残高に影響しないお金を“へそくり”として管理できる“へそくり機能”を搭載しているのが特徴。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98 SE。対応機種はPC/AT互換機。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン