このページの本文へ

バイ・デザイン、1080p対応の地デジフルスペックハイビジョン液晶TVを発売――47Vインチで26万9800円

2007年03月05日 22時21分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイ・デザイン(株)は5日、地上デジタルチューナーを内蔵したデジタルハイビジョン液晶テレビの新製品として、47Vインチの『LF-4700DFK』と、42Vインチの『LF-4200DFK』の予約販売を同日付けで開始すると発表した。価格はオープン。直販サイトでの価格は『LF-4700DFK』が26万9800円(送料別)、『LF-4200DFK』が21万9800円(送料別)。直販サイトと“バイ・デザインyahoo!店”で予約を受け付け、9日に出荷を開始する。

『LF-4700DFK』
『LF-4700DFK』

『LF-4700DFK』は、コントラスト比が1200:1、輝度が500cd/m2、応答速度が6ms、視野角が上下/左右176度、解像度が1920×1080画素のフルスペックハイビジョンに対応した液晶パネルを搭載するワイドテレビ。画像処理には、米Genesis Microchip社の“Faroudja DCDi”技術を搭載する。チューナーは地上デジタル(ISDB-T)と、地上アナログ(VHF/UHF/CATV)を搭載する。表示機能として、画面を左右に分割して2画面表示が行なえる“ピクチャーバイピクチャー”を備えており、地上デジタル放送と地上アナログ放送を同時に表示できる。入力端子として、HDMI(HDCP対応)、D4、Sビデオ、コンポジットビデオ、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を、出力端子としてコンポジットビデオを装備する。スピーカーは10W×2の着脱可能な2ウェイスピーカーが付属し、オーディオ機能としてBBEサラウンドも搭載されている。

本体サイズは幅1439×奥行き271×高さ824mmで、重量は57kg(スタンド含む)。専用壁掛け金具(SMT-R37LC)もオプションで用意されている。電源はAC100Vで消費電力は300W(待機電力は26W以下)。リモコン、B-CASカード、各種ケーブルなどが付属する。

『LF-4200DFK』は、『LF-4700DFK』の液晶パネルを42Vインチに変更したモデル。応答速度は6.5ms。本体サイズは幅1280×奥行き271×高さ716mmで、重量は44kg(スタンド含む)。専用壁掛け金具(SMT-R37LC)もオプションで用意されている。電源はAC100Vで消費電力は260W(待機電力は26W以下)。リモコン、B-CASカード、各種ケーブルなどが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン