このページの本文へ

表参道ヒルズで妖精が舞う! ソニー・エリクソン、『SO703i』ファッションショーが開催

2007年02月19日 22時52分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(株)は19日、東京・神宮前の表参道ヒルズにて、今月23日に発売予定のFOMA携帯電話機『SO703i』のファッションとコラボレーションしたイベント“SO703i Beauty Renaissance Collection”を開催した。イベントは表参道ヒルズ地下から1階まで繋がる大階段にて行なわれた。

SO703iは、外装を変更できる“Style-Upパネル”に香りを含んだ“アロマシート”を搭載する女性向けの携帯電話機。Style-Upパネルは全9種類を用意するが、今回“ディズニー”“ALBA ROSA JAPAN(アルバローザジャパン)”“HbG(エイチビージー)”“Jolly Boutique(ジョリーブティック)”“アルフレッド・バニスター”“ニューバランス ジャパン”といった各ブランドとコラボレートし、オリジナルのStyle-upパネルが用意された。



パネル
上段がオプションとして標準で用意される“Style-Upパネル”、下段がブランドとコラボレーションしたStyle-Upパネルとなる

イベントには、3月中旬から放映予定のCMに出演するモデルの押切もえさんらが登場し、各パネルをモチーフにしたモデル総勢19名とともにファッションショーを繰り広げた。

押切もえ
押切さんは、子ども達と一緒にディズニー映画“ピーター・パン”に出てくる妖精“ティンカーベル”をモチーフにした衣装で登場
モデル
次々に登場したモデルも一挙集結。子ども達も合わせるとなんと総勢27人

押切さんは、SO703iについて「洋服やその日の気分に合わせて着せ替えができるのが、女の子にうれしいケータイ」とコメント。また、「ケータイから香りがするなんて信じられない」と語り、“FLOW”パネルのアロマシートから香る“ハニーダージリン”について「紅茶とハチミツのとろけそうな匂いがするけど、決してしつこくない香りですね」とコメントした。また、“9種類の中でどれがお気に入り?”という質問に対しては、「“Ocean”がさわやかだけど、深みがあって、男性にもピッタリな感じ」としたほか、「やっぱり自分だったら“Romantic”。女の子と女性の間のような感じで、フレッシュだけど女性らしい」と語った。

押切もえさんティンカーベルの衣装に身を包む押切もえさん
ジュエリーパネル
世界でただ1つのジュエリーパネルを装着したSO703iを見せる押切さん

また、今回のSO703iに合わせて、押切さんが選んだ宝石をふんだんに使用した世界で1つだけのStyle-Upパネルを制作。ダイヤを6個、サファイヤ、エメラルド、ルビーを各1個使っており、総額300万円相当(非売品)だという。今後、さまざまな場所での展示やキャンペーンでこのジュエリーパネルを活用していく。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン