このページの本文へ

三洋電機、720p対応の動画デジカメ『DMX-HD2』を発売

2007年02月07日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

三洋電機(株)は7日、動画デジカメ“Xacti(ザクティ)”の新製品として、有効約710万画素CCD搭載で720p対応の『DMX-HD2』を3月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は9万円前後。

『DMX-HD2』の写真
『DMX-HD2』

DMX-HD2は、レンズ構成が9群12枚の光学10倍ズーム(f=6.3~63mm:35mm換算で38~380mm、F=3.5)で、撮像素子が1/2.5インチで有効約710万(総画素数約738万)画素CCDを搭載する動画デジカメ。動画を720p(1280×720画素)で記録できるほか、ノイズリダクションを強化した新開発の画像処理LSI“プラチナエンジンII”を搭載したことにより、高感度撮影に対応したのが特徴。動画撮影は最低被写体照度が7ルクス、静止画撮影はISO感度を1600に設定できる。高感度撮影は本体側面に用意された“High Sensitivity”ボタンを押すことで行なえる。バッテリー使用時間は、新LSIの採用やシステム全体の見直しなどにより省電力化が図られ、従来機種『DMX-HD1A』から約13%向上したとしており、動画撮影が約85分、静止画撮影が約180枚(CIPA規格)行なえる。付属のドッキングステーションは、ハイビジョン対応テレビとの接続に使用するHDMI/D4端子を備えている。Windows Vistaが採用しているファイル転送プロトコル“MTP(Media Transfer Protocol)”にも対応している。

液晶ディスプレーは2.2インチ(約15万画素)。パソコンとの接続に使用するインターフェースはUSB 2.0(Hi-Speed)。静止画撮影時のISO感度はオート(50~400相当)のほか、マニュアル(50/100/200/400/800/1600相当)で選択できる。記録解像度は、動画が最大1280×720画素、独自の画素補間技術“ピクトライズ1000”により最大3680×2760画素で静止画を記録できる。記録フォーマットは、動画がMPEG-4(ISO準拠)、静止画がJPEG(Exif 2.2/DCF準拠/DPOF対応)。記録メディアはSDメモリーカード(8GBのSDHCに対応)。電源はリチウムイオン電池(DB-L40)。消費電力は4W(電池使用時)。ACアダプターが付属する。本体サイズは幅80×奥行き36×高さ119mmで重量は約235g(電池記録メディア含む)。本体カラーはブラック(K)。

アプリケーションソフトとして、画像編集が行なえる『Ulead DVD MovieWriter 5.0SE』、静止画/動画管理ソフト『Ulead Photo Explorer 8.5 SE Basic(MPEG4High-Definition版)』が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン