このページの本文へ

ビカム、ショッピング検索サイト“BECOME JAPAN”を開設

2007年02月02日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビカム(株)は2日、商品に関するウェブ検索と価格比較の2つが行なえるショッピング検索サイト“BECOME JAPAN(ビカム ジャパン)”を同日付けで開設すると発表した。無料で利用でき、ユーザー登録も不要。

“BECOME JAPAN”
“BECOME JAPAN”

“BECOME JAPAN”は米ビカム社(Become, Inc.)のショッピング検索サイト“BECOME.COM”の日本版で、商品に関するウェブ検索と、商品の価格比較の2つの機能を備えているのが特徴。

ウェブ検索は、商品名/商品の種類など任意のキーワードを入力すると、“ブログ&掲示板”“購入ガイド”“ユーザーの意見”“商品情報”の4つのカテゴリー別に検索結果を表示する。検索アルゴリズムには同社独自の“AIR(Affinity Index Ranking)テクノロジー”を用いる。“AIR テクノロジー”は、検索キーワードについて詳しいサイトからリンクされているかと、検索キーワードに詳しいサイトにリンクを張っているかの2点によってウェブサイトをランクすることでより精度の高い情報を得られる技術。

価格比較は、アマゾン ジャパン(株)のショッピングサイト“Amazon.co.jp”とヤフー(株)が運営するショッピングモール“Yahoo!ショッピング”に参加しているオンラインストア1万店強に掲載された商品情報1000万点強が検索可能。商品の種類や価格帯およびオンラインストア名による絞り込み検索もできる。今後は商品のブランド名、色、スタイル(セーターであれば、Vネックやタートルネックなど)、ショッピングモールによる絞り込み検索機能の追加も予定しているとしている。

日本独自のサービスとして、(株)アドバンスクリエイト、(株)オプト、(株)ベーシックの3社と提携し、“保険”“自動車保険”“ローン”“証券”“クレジットカード”“引越し”“結婚紹介”の7ジャンルについて商品/サービスの比較サービスを提供する。また今春以降には個人の趣向に合わせたマイページ機能“My BECOME(マイ・ビカム)”を導入する予定としている。

ビカムは、“BECOME JAPAN”の事業を行なうため2005年9月に設立された。資本金は3億9500万円。米ビカムとトランスコスモス(株)が出資している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン