このページの本文へ

ケイ・オプティコムとジー・サーチ、データベースオンライン検索サービス“eoデータベースサービス”を開始

2007年02月05日 22時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ケイ・オプティコムと(株)ジー・サーチは5日、新聞記事/企業/人物情報などのデータベースのオンライン検索サービス“eoデータベースサービス”を6日に開始すると発表した。ケイ・オプティコムの個人向けインターネット接続サービスを利用しているユーザーが対象で、利用するにはケイ・オプティコムのポータルサイトからケイ・オプティコムの各種コンテンツに共通して使えるID“eonetID”を取得してサービス利用登録(無料)が必要。サービス料金は新聞記事見出し1件当たり5円から/企業情報1件当たり1200円などで、利用したコンテンツに応じて課金される。

“eoデータベースサービス”イメージ“eoデータベースサービス”イメージ

“eoデータベースサービス”は、ジー・サーチが提供する新聞/雑誌記事/企業情報/人物プロフィール/マーケティングレポートなどの情報源から収録したコンテンツを、“eonetID”を利用して、パソコン画面からウェブブラウザーから検索するオンライン検索サービス。データベースは、20年前からの全国紙/地方紙/専門紙/経済紙など51紙/誌の2500万件以上の新聞/雑誌記事を横断検索できるほか、国内主要調査会社6社の113万件以上の企業プロフィール情報/財務諸表/経営者情報/人事異動などを検索できるのが特徴。芸術/芸能/スポーツといった分野の人物プロフィールや、国内のマーケティングレポートなど国内の主要な専門情報も検索できる。

対応ウェブブラウザーはWindowsでInternet Explorer 6.0、Netscape 7.1。Mac OSでNetscape 7.1。対応OSはWindows XP、Mac OS X。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン