このページの本文へ

Socket AM2売れ筋マザー!? VGAオンボードでATXの「GA-M61P-S3 rev.1.0」がGigabyteから!

2007年01月24日 22時04分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteから“GeForce 6100”+“nForce 430”を1チップに統合した“MCP61P”を搭載するSocket AM2対応マザーボード「GA-M61P-S3 rev.1.0」が発売された。VGA機能オンボードでSocket AM2対応、かつATXフォームファクタの製品という意味では貴重な1枚だ。

GA-M61P-S3 rev.1.0 GA-M61P-S3 rev.1.0
“GeForce 6100”+“nForce 430”を1チップに統合した“MCP61P”を搭載するSocket AM2対応マザーボード「GA-M61P-S3 rev.1.0」がGigabyteから発売

 このマザーは昨年発売された「GA-M55plus-S3G」の後継モデルとなる製品。チップセットは“GeForce 6100”+“nForce 430”を1チップに統合した“MCP61P”へと変更された。特徴は受け継がれており、Micro ATXタイプの製品がほとんどとなるSocket AM2対応でVGA機能オンボード製品の中にあってATXフォームファクタを採用。よって拡張スロットも余裕のあるPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×4という構成で「GA-M55plus-S3G」同様、売れ筋となりそうな気配だ。
 その他、オンボードインターフェイスはVGAや8chサウンド(Realtek/ALC883)、IEEE1394、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8211)、Serial ATA II×4などを搭載。価格および販売ショップは以下の通りとなっている。

拡張スロット I/O部
拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×4という構成。VGAカードの追加も容易なほか、PCI×4という拡張性もありがたいVGAや8chサウンド(Realtek/ALC883)、IEEE1394、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8211)、Serial ATA II×4などを搭載する
価格 ショップ
Gigabyte
「GA-M61P-S3 rev.1.0」
\10,880ドスパラアキバ店 
\11,200 アーク
\11,480 高速電脳
\11,523 クレバリー1号店
\11,680 T-ZONE.PC DIY SHOP
\11,980 ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ