このページの本文へ

松下電器、DVD-R DL書き込み対応のDVDビデオカメラなど2機種を発売

2007年01月09日 21時20分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は5日、DVD-R DLへの書き込みに対応した3CCDタイプのDVDビデオカメラ『VDR-D310』と、miniDV方式のDVカメラ『NV-GS320』を25日に発売すると発表した。価格はいずれもオープン。編集部による予想販売価格は『VDR-D310』が9万5000円前後、『NV-GS320』が7万5000円前後。

『VDR-D310』
『VDR-D310』

『VDR-D310』は、8cmDVD-RAM/-R/-RWに加え8cmDVD-R DLへの書き込みに対応した8cmDVDマルチドライブを搭載する3CCDタイプのDVDビデオカメラ。低分散ガラス採用の“ライカディコマーレンズ”を採用した光学10倍ズームレンズ(35mm換算/4:3動画撮影時に45.6~456mm)を搭載する。手ぶれ補正機能は、“光学式手ブレ補正ジャイロ”を搭載。静止画記録機能は最大2048×1512画素のJPEG画像(Exif 2.2/DCF準拠)が記録可能で、動画撮影時の約2倍の手ぶれ補正機能を持つという“MEGA OIS”機能が利用できる。

CCDは1/6インチ80万画素×3で、有効画素は動画が64万(4:3)/54万(16:9)、静止画が71万(4:3)/54万(16:9)。SDHCメモリーカード対応のSDカードスロットも搭載する(SDHCメモリーカードには静止画のみ記録可能)。カラービューファインダーは約11万3000画素、ディスプレー用2.7インチ液晶パネルは約12万3000画素。インターフェースはUSB 2.0(Hi-Speed)。本体サイズは幅84×奥行き146×高さ94mm、重量は約510g。付属のバッテリーパックを利用した場合の連続記録時間は、XPモード/液晶パネル使用時で約1時間20分、LPモード/ファインダー使用時では約1時間45分。

動画編集ソフトは、DVD-RW(VR方式)の読み込みに対応し、部分削除/並び替え/結合などが行なえる動画再生/編集ソフト『DVD-MovieAlbumSE 4.3』と、編集した動画をDVD-R/-R DL/-RWに記録するオーサリングソフト『DVDfunSTUDIO 2.5』が付属する。付属ソフトの対応OSは『DVD-MovieAlbumSE 4.3』がWindows XP/2000、『DVDfunSTUDIO 2.5』はWindows XP SP2/2000(SP4)。対応機種はPentium III-800MHz以上のCPUを搭載したPC/AT互換機。ACアダプター、ワイヤレスリモコン、レンズキャップ、USB接続ケーブルなどが付属する。

『NV-GS320』
『NV-GS320』

『NV-GS320』は、記録メディアにminiDVカセットを利用する3CCDタイプのDVカメラで、動画撮影時にも“フォトショットボタン”を押すだけで最大120万画素の静止画が記録できるのが特徴。『VDR-D310』と同じ光学10倍ズームレンズを搭載する。静止画記録機能は、最大2048×1512画素のJPEG画像が記録できる(動画撮影時は最大1280×960画素)。CCD、カラービューファインダー/液晶、インターフェースも『VDR-D310』と同じ。本体サイズは本体サイズは幅84×奥行き146×高さ94mm、重量は約510g。付属のバッテリーパックを利用した場合の連続記録時間は、液晶パネル使用時で約1時間10分、ファインダー使用時では約1時間15分。

動画編集ソフトは、特殊効果/テロップ/BGMの追加や部分削除などが可能な動画編集ソフト『MotionDV STUDIO 5.6J LE for DV』と、ナビゲーションに従うだけで動画編集が行なえる初心者向け動画編集ソフト『SweetMovieLife 1.0J』が付属する。付属ソフトの対応OSはいずれもWindows XP SP2/2000(SP4)、対応機種はPentium III-800MHz以上のCPUを搭載したPC/AT互換機。ACアダプター、ワイヤレスリモコン、ヘッドクリーナー、レンズキャップ、USB接続ケーブルなどが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン