このページの本文へ

米アドビ、Mac版『Adobe Premiere』の“復活”を発表

2007年01月05日 20時40分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米アドビ システムズ(Adobe Systems)社は現地時間の4日、5本のビデオ編集関連ソフトをまとめたパッケージ『Adobe Production Studio』の次期バージョンを、Mac版/Windows版の両環境で2007年中頃にリリースすると発表した。

Adobe Creative Suite Production Studio Standard 日本語版
現在、Widnowsで発売されている『Adobe Creative Suite Production Studio Standard 日本語版』のパッケージ

Adobe Production StudioはMacでは初めて提供されるパッケージで、2003年にMac版の開発が中止されていたビデオ編集ソフト『Adobe Premiere』の最新バージョン、Mac版の初登場となるDVDオーサリングソフト『Adobe Encore DVD』、現在βテスト中のサウンド編集ソフト『Adobe Soundbooth』などが含まれている。

すべての収録ソフトとCPUの対応状況は以下のとおり。

ソフト名 ジャンル CPU対応
Adobe Premiere Pro ビデオ編集ソフト インテル製CPUのみ
Adobe Encore DVD DVDオーサリングソフト
Adobe Soundbooth サウンド編集ソフト
Adobe After Effects モーショングラフィックソフト PowerPC/インテル製CPU
Adobe Photoshop 画像編集ソフト
Adobe Illustrator ドローソフト

なお、アドビは9~12日に米国で開催されるMacintoshのイベント“Macworld 2007 Conference and Exhibition ”にて、Adobe Production Studioのデモ展示を行なうと告知している。



カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中