このページの本文へ

アキバ系には少々残念!? 美少女からシンプルなパッケージになったZippy製電源3モデルが新発売

2006年12月12日 22時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Rioworksから電源の新製品が3モデル登場している。発売されたのは容量460Wの「Zippy-460W G1」と容量600Wの「Zippy-600W G1」、容量850Wの「Zippy-850W G1」で、パッケージはお馴染みだった美少女CGを採用したものから、シンプルなものへと変更されている。

3モデル
Rioworksから電源の新製品が3モデル登場。パッケージはお馴染みだった美少女CGを採用したものから、シンプルなものへと変更されている

 注目は最上位モデルの容量850W「Zippy-850W G1」。PCI Express用6ピンケーブルを4本備え“GeForce 8800 GTX”でのSLI動作もサポート。+12V 60A/+5V 45Aというスペックをウリとしている。価格はTSUKUMO eX.で5万3800円、USER'S SIDE本店で5万5440円、BLESS秋葉原本店で5万4800円、アークで5万8800円。
 また容量460Wの「Zippy-460W G1」は+12V 32A/+5V 40AというスペックでこちらもPCI Express用6ピンケーブルを2本装備。価格はツクモケース王国とTSUKUMO eX.で1万6800円、USER'S SIDE本店で1万7640円。同時に容量600Wの「Zippy-600W G1」は+12V 40A/+5V 30Aというスペックで価格はTSUKUMO eX.で2万7600円、BLESS秋葉原本店で2万8800円、USER'S SIDE本店で2万9190円、アークで2万9800円となっている。

「Zippy-850W G1」 「Zippy-850W G1」
最上位モデルの容量850W「Zippy-850W G1」。PCI Express用6ピンケーブルを4本備え“GeForce 8800 GTX”でのSLI動作もサポート。+12V 60A/+5V 45Aというスペック
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ