このページの本文へ

ヤフー、送信ドメイン認証“SPF”の導入を発表――フィッシング対策で

2006年12月12日 20時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヤフー(株)は12日、同社が提供しているウェブメールサービス“Yahoo!メール”のフィッシング詐欺対策の一環として、メール送信元のドメインを認証する技術“SPF”(Sender Policy Framework)を導入したと発表した。

“SPF”とは、メール受信時に送信元のドメインが送信側で設定している“SPFレコード”(公開情報)と一致するかどうかを認証する技術。認証には受信サーバー側にも“SPF”の対応が必要としている。

現時点では“SPFレコード”の公開のみに対応し、今後、受信サーバーへの対応も予定しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン