このページの本文へ

Core 2 Duoが搭載可能なMini-ITXマザー採用の小型ベアボーンがMSIから!

2006年12月09日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIからインテルのモバイル向けCPU“Core 2 Duo T/Core Duo T/Core Solo T”シリーズが搭載可能な小型ベアボーン「Axis 945GM」が発売された。採用するマザーボードにMini-ITXフォームファクタの製品を使用することで、小型化を図ったのが特徴だ。

「Axis 945GM」 「Axis 945GM」
インテルのモバイル向けCPU“Core 2 Duo T/Core Duo T/Core Solo T”シリーズが搭載可能な小型ベアボーン「Axis 945GM」。マザーボードにMini-ITXフォームファクタの製品を使用することで、小型化を図ったのが特徴

 付属のスタンドにより縦横置き両対応の本体は、サイズ375(D)×300(W)×75(H)mmとコンパクト。内部には同社製のMini-ITXフォームファクタのマザーボードが搭載されているほか、200W電源を装備。ベイ数は5インチ/3.5インチ/シャドウ共に1基ずつという構成だ。
 チップセットは“i945GM+ICH7MDH”で、拡張スロットはPCIが1本(ライザー使用)。メモリはDDR2 667/533MHz対応のものを2本、最大で2GBまで搭載可能だ。またオンボードインターフェイスにはVGAや6ch(ALC658)サウンド、ギガビットイーサネット(Intel/82541PI)×2、Serial ATA×2などを装備。I/O部にはDVI出力端子も用意されるほか、2つのシリアルポートも備えるなどビジネス向けPCとしても活躍してくれそうだ。価格はテクノハウス東映で3万4800円、アークで3万5980円、T-ZONE.PC DIY SHOPで3万6800円となっている。

Mini-ITX PCI
MSIとしては珍しいMini-ITXフォームファクタのマザーを採用。単体での販売を求める声もあるが、今のところ予定はない拡張スロットはPCIが1本(ライザー使用)
I/O部 CPUクーラー
I/O部にはDVI出力端子も用意されるほか、2つのシリアルポートも備えるなどビジネス向けPCとしても活躍してくれそう付属品にはCPUクーラーのほか、縦置きようスタンド、5インチオープンベイ用の交換パネルなどが付く
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ