このページの本文へ

自己記録更新!  DDR2メモリー最速のPC2-9600(DDR2-1200)のオーバークロックメモリがCFDから発売に!

2006年11月18日 22時33分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DDR2メモリーモジュールの最速記録が再び更新された。今度はPC2-9600(DDR2-1200)のオーバークロックメモリ「W2UC0VJA-S512ZZJ」がCFDから発売。先月登場したやはりCFD製のオーバークロックメモリ「W2UB5VCA-1GZZJ」と「W2UB5VCA-S512ZZJ」のPC2-9200(DDR2-1150)を上回る最速となる製品だ。

「W2UC0VJA-S512ZZJ」
DDR2メモリーモジュールの最速記録が再び更新。今度はPC2-9600(DDR2-1200)のオーバークロックメモリ「W2UC0VJA-S512ZZJ」がCFDから発売された

 この製品は同社の“FIRESTIX”シリーズの製品。パッケージによると電圧2.3VでLatencyがCL5-6-6-18。基板はバッファローオリジナル、搭載チップについては“選別品”とされている点は従来のシリーズと同じだ。発売された「W2UC0VJA-S512ZZJ」は512MBモジュール2枚セットの製品で、今日から販売しているアークでは価格4万8800円。なお、同社ではさらにオーバークロックされたPC2-10000(DDR2-1250)の製品“W2UC5VJA”もラインナップされている。

仕様 ポップ
。パッケージによると電圧2.3VでLatencyがCL5-6-6-18。基板はバッファローオリジナル、搭載チップについては“選別品”とされている点は従来のシリーズと同じ
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ