このページの本文へ

プレクスターから内蔵型と外付け型の新型記録型DVDドライブが登場!

2006年11月17日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プレクスターから、記録型DVDドライブ「PX-751A/J」と、USBバスパワー対応の記録型スリムDVDライブ「PX-608CU」が登場した。

「PX-751A/J」製品 「PX-751A/J」パッケージ
プレクスター製の記録型DVDドライブ「PX-751A/J」

 「PX-751A」の書き込み/書き換えの最大速度はDVD+R DL8倍、DVD-R DL6倍、DVD+R16倍、DVD-R16倍、DVD+RW8倍、DVD-RW6倍、DVD-RAM5倍速、CD-R48倍、CD-RW32倍。本体サイズは146(W)×177.5(D)×41.2(H)mm、重量は約800gとなる。ソフトは、ユーティリティーソフトの「SetSpeed」、CD/DVDライティングソフトの「roxio Easy Media Creator 8.2」が付属する。価格はBLESS秋葉原本店で6980円のほか、パソコンハウス東映にも入荷している。
 一方の外付け型ドライブ「PX-608CU」は、USBバスパワー駆動に対応しており、USB 2.0/1.1×2ポートを利用することでACアダプターなしで読み出しを行なえるのが特徴(書き込みにはACアダプターが必要)だ。書き込み/書き換えの最大速度はDVD±R DLが4倍速、DVD±Rが8倍速、DVD+RW8倍、DVD-RW6倍、DVD-RAM5倍速、CD-R24倍、CD-RW24倍となる。本体はオープントップ型で、137(W)×143(D)×16(H)mm、重量は約250g。ソフトは、ユーティリティーソフト「PlexTools Professional」、CD/DVDライティングソフト「roxio Easy Media Creator 8.2」などが付属する。価格はBLESS秋葉原本店で2万1480円。

「PX-608CU」製品 「PX-608CU」パッケージ
USBバスパワー対応の外付け記録型DVDドライブ「PX-608CU」
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ