このページの本文へ

ケース両サイドが吹き抜け構造!冷却重視の大型アルミ製PCケース「SST-TJ09」がSilverStoneから発売に!

2006年11月08日 22時31分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SilverStoneからExtend ATXサイズのマザーボードも搭載可能な大型のアルミ製PCケース「SST-TJ09」が登場、今日から販売がスタートしている。冷却を重視した構造が特徴で、特に3.5インチシャドウベイ部分は従来のケースにはないユニークな仕組みとなっている。

SST-TJ09
Extend ATXサイズのマザーボードも搭載可能な大型のアルミ製PCケース「SST-TJ09」がSilverStoneから発売に

 サイズ525(H)×210(W)×605(D)mmのアルミ製本体は、フロントに5mm厚のアルミパネルを使用するなどなかなか高級感のある作り。注目したいのは3.5インチシャドウベイ部分で、マザーボードや電源をマウントするスペースとは完全に独立した構造となっているところだ。3.5インチシャドウベイ部分とマザーボードや電源をマウントするスペースの間には、ケース両側面がトンネルのように繋がる吹き抜けのようになっており、HDDは3基づつの2ユニット、計6基まで搭載可能。両側面はメッシュ状となっているほか、HDDユニットの間にはオプションで120mm角ファンが搭載できる仕組みだ。

吹き抜け HDDユニット
3.5インチシャドウベイ部分とマザーボードや電源をマウントするスペースの間には、ケース両側面がトンネルのように繋がる吹き抜けのようになっており向こう側も見えるHDDは3基づつの2ユニット、計6基まで搭載可能。両側面はメッシュ状となっているほか、HDDユニットの間にはオプションで120mm角ファンが搭載できる仕組みだ

 一方のマザーボード/電源などをマウントするスペースも冷却を重視した作り。電源はリア底面に搭載する方式を採用するほか、天板部に120mm角ファンを2基(オプション)装備。さらに、さきほどの吹き抜け部分から吸気する120mm角ファン1基(1200rpm/21dB)と、リアに120mm角排気ファン1基(1200rpm/21dB)を標準搭載している。
 今日から販売している高速電脳では価格3万6800円。カラーリングは写真のシルバーのほかブラックモデルも入荷している。

内部 リア
内部の様子。3.5インチシャドウベイ部分と、マザーボードや電源をマウントするスペースとは完全に独立した構造となっている電源はリア底面に搭載する方式を採用するほか、リアに120mm角排気ファン1基(1200rpm/21dB)を標準搭載
天板部 背面
天板部に120mm角ファンを2基(オプション)装備する背面側。水冷ユニットのチューブ用の穴も用意されている
底面部 天板部
底面部にも通気口が設けられているフロントアクセスポートは天板部に装備され、収納できる仕組みだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ