このページの本文へ

Windows Vistaがサポート予定の“Windows ReadyBoost”機能に対応するUSBメモリがA-DATAから!

2006年11月07日 22時49分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows Vistaでサポートされると言われている“Windows ReadyBoost”と呼ばれるメモリ拡張機能に対応するというUSBメモリがA-DATAから発売となった。ラインナップは512MB/1GB/2GB/4GBの4モデルだ。

4モデル
“Windows ReadyBoost”と呼ばれるメモリ拡張機能に対応するというUSB2.0メモリがA-DATAから発売に。ラインナップは512MB/1GB/2GB/4GBの4モデルとなる

 こちらでも紹介しているように、ReadyBoostはシステムメモリーよりは遅いがHDDよりは高速にアクセスできるUSB 2.0接続のフラッシュメモリを利用して、システムメモリを擬似的に拡張する機能。システムメモリの増設はPCのパフォーマンス向上に効果的だが、コストが高いし、ハードウェアによっては十分な増設が不可能な場合もある。ReadyBoostはこうした制約への対策となる機能で、デバイス装着時に速度チェックを行ない、適切な速度に達するデバイスのみを対象として動作するという。こういった簡単な方法でシステムメモリを疑似拡張できるのはユーザーにとってはメリットと言えよう。
 今日から販売を始めているドスパラ本店では512MBモデルが2980円、1GBモデルが3980円、2GBモデルが6980円、4GBモデルが1万2980円となっている。

PD7 PD7
「PD7」シリーズ。“Windows ReadyBoost”の使用を前提に購入するのもありだろう
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ