このページの本文へ

人気のマウス“G5”にゲームモデルが! 同時に「G15 Gaming Keyboard」の廉価モデルも加わる!

2006年11月03日 23時14分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Logitechからゲーマー向けキーボード「G15 Gaming Keyboard」の廉価モデル「G11 Gaming Keyboard」と、先日発売された人気FPS「バトルフィールド 2142」デザインのマウス「G5 Laser Mouse Battlefield 2142 Special Edition」が発売された。

G11 Gaming Keyboard G11 Gaming Keyboard
ゲーマー向けキーボード「G15 Gaming Keyboard」の廉価モデル「G11 Gaming Keyboard」。小型液晶を省いた代わりに値段は下がった

 「G11 Gaming Keyboard」は、すでに発売中のゲーマー向けキーボード「G15 Gaming Keyboard」から小型液晶を省いた廉価モデル。キートップに明るさを3段階に設定可能な青いバックライトを装備する点や本体左サイドに自由にカスタマイズ可能な18のマクロキー(最大54マクロまで設定可能)を装備する点は変らない。販売しているのはTWOTOP秋葉原本店で7980円となっている。

G11 Gaming Keyboard G11 Gaming Keyboard
キートップに明るさを3段階に設定可能な青いバックライトを装備する点や本体左サイドに自由にカスタマイズ可能な18のマクロキー(最大54マクロまで設定可能)を装備する点は変らない

 もうひとつの「G5 Laser Mouse Battlefield 2142 Special Edition」は、ご覧の通り人気FPS「バトルフィールド 2142」デザインの「G5 Laser Mouse」スペャルモデル。基本仕様は「G5 Laser Mouse」と同じようで、マウスの重量とバランスを好みに応じてチューニングすることができる“ウェイトカートリッジ”も健在だ。その他、マウスボタンにより解像度を400/800/2000dpi(初期設定値)で切り替えられるほか、アプリケーションソフトを利用して400~2000dpiの間の50dpi単位で5つまで設定することができるのも従来通り。販売しているのはアークで1万500円だ。

G5 Laser Mouse G5 Laser Mouse
「G5 Laser Mouse Battlefield 2142 Special Edition」は、ご覧の通り人気FPS「バトルフィールド 2142」デザインの「G5 Laser Mouse」スペャルモデル。マウスの重量とバランスを好みに応じてチューニングすることができる“ウェイトカートリッジ”も健在だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ