このページの本文へ

Socket AM2対応マザーでは最安クラス! 1チップ構成の新型チップセット“MCP61V”を搭載する「NF61V Micro AM2」がBiostarから!

2006年10月20日 21時56分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日発売されたASUSTeK「M2N-VM DH」が採用する1チップ構成の新型チップセット“MCP61P(GeForce 6100+nForce 430)”の下位モデルとされる“MCP61V(Geforce 6100+nForce 400)”を搭載するBiostar製Socket AM2対応マザーボード「NF61V Micro AM2」が発売された。

NF61V Micro AM2 NF61V Micro AM2
1チップ構成の新型チップセット“MCP61V(Geforce 6100+nForce 400)”を搭載するBiostar製Socket AM2対応マザーボード「NF61V Micro AM2」

 シリーズ最下位モデルとなるチップセットということで機能の方もかなりシンプル。Micro ATXフォームファクタの基板には、拡張スロットとしてPCI Express x16×1(x1動作)、PCI Express x1×1、PCI×2を搭載し、DDR2-800/667/533対応のメモリスロットは2本(最大2GBまで)。VGAや8chサウンド(Realtek/ALC861)、100/10Base-TXイーサネット(Realtek/RTL8201CL)、Serial ATA×2(RAID 0/1)などもオンボードで用意されている。
 PCI Express x16がx1動作に制限されるなど、メインマシン用マザーとして使用するには問題ありだが、逆に言えばセカンドPCなどにはちょうどよい製品かもしれない。今日から販売しているアークでも価格7590円とSocket AM2対応マザーの中では最安クラスの製品となる。

MCP61V I/O部
昨日発売されたASUSTeK「M2N-VM DH」が採用する1チップ構成の新型チップセット“MCP61P(GeForce 6100+nForce 430)”の下位モデルとされる“MCP61V(Geforce 6100+nForce 400)”を搭載
拡張スロット 拡張スロット
PCI Express x16がx1動作に制限されるなど、メインマシン用マザーとして使用するには問題あり。ただ価格も7590円と安く、セカンドPCなどにはちょうどよい製品かもしれない
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ