このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

フルスペックでMNPに挑む――FOMA 903iシリーズ実機レポート

2006年10月12日 23時58分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
発表会

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモより本日発表された“FOMA 903i”シリーズ。NTTドコモにしてはめずらしく発表が遅い、と同社が語るように8月28日発表したau(KDDI(株))、9月28日に発表したソフトバンクモバイル(株)に続く、一番最後となった。今回発表した新機種は、フラッグシップとなる“903i”シリーズだけあって、いずれも機能を満載したフルスペック携帯電話機となっている。ここでは会場に展示されていた実機の写真とともに、各機種の詳細について細かく見ていこう。

フルブラウザー搭載の『D903i』

D903iリングダイヤル フルブラウザー
操作キーはリングダイヤル式。心地よい操作感で回せるフルブラウザーを使用し、ASCII24トップページを表示させてみた

2.8インチワイド液晶を搭載する三菱電機(株)製の携帯電話機。フルブラウザーを搭載し、パソコン用に作られたサイトを閲覧できる。Windows Media Audio(WMA)ファイルの再生に対応している。また、定額制の音楽聴き放題サービス“Napster”に対応しており、パソコンの画面上からドラッグ・アンド・ドロップで携帯電話機に音楽を転送できる。FMラジオチューナーを搭載し、FMラジオが聴けるほか、FMトランスミッターを搭載し、ラジカセやコンポ、カーステレオなどへ、携帯電話機で再生している音楽を転送して聴ける。

ディスプレー
メイン:2.8インチワイドQVGA(240×400ドット)
サブ:―
カメラ
メイン:有効320万画素CCD、オートフォーカス付き

サブ:有効10万画素CMOS
外部メモリー
microSDカード(別売)
連続通話時間
約170分
連続待受時間
約540時間
本体サイズ/重さ
幅48×奥行き18.2×高さ109mm/約113g
本体カラー
スプリングピンク、ウィンターホワイト、オータムゴールド、サマーターコイズ
発売時期
10月下旬以降


ディスプレーを回転させて機能が呼び出せる『F903i』

ディスプレー回転 イルミネーション
液晶パネルを左右に90度回転させることで、あらかじめ登録していた機能を呼び出せる。これはカメラを設定していた場合回転時に液晶部分の下部がほのかに光るイルミネーションがオシャレ

ディスプレーが左右それぞれ90度に回転する富士通(株)製の携帯電話機。ディスプレーを左右にそれぞれ回転させることで、あらかじめ設定しておいた機能を呼び出せるのが特徴。指紋認証機能や、ICカードロック、開閉ロック機能などセキュリティー機能が充実している。フルブラウザーを搭載し、WMA再生に対応する。

ディスプレー
メイン:2.4インチQVGA(240×320ドット)
サブ:――
カメラ
メイン:有効320万画素CMOSセンサー、オートフォーカス付き

サブ:有効11万画素CMOSセンサー
外部メモリー
microSDカード(別売)
連続通話時間
約160分
連続待受時間
約500時間
本体サイズ/重さ
幅50×奥行き24×高さ102mm/約131g
本体カラー
Rosso、Nero、Bianco、Cobalt
発売時期
10月下旬以降


VGA+表示、手ブレ補正対応カメラ搭載の『N903i』

VGA+で地図表示 カメラ部分
480×690ドットの高解像度で地図表示時に広域にしても分かりやすくなった手ブレ補正機能を搭載した320万画素カメラを搭載

903iシリーズで唯一、VGA+(480×690ドット)表示に対応する日本電気(株)製の携帯電話機。高解像度の画面はフルブラウザー使用時や地図ソフト使用時に威力を発揮する。そのほか、カメラ部に静止画6軸、動画4軸の手ブレ補正機能“ウルトラデジタル手ブレ補正”を搭載する。FeliCa(フェリカ)カードでロックが解除できる“ICカード認証”や、顔認証機能などセキュリティー機能も豊富。WMA再生に対応する。

ディスプレー
メイン:2.5インチVGA+(480×690ドット)
サブ:1インチ(120×90ドット)
カメラ
メイン:有効320万画素CMOSセンサー、オートフォーカス付き

サブ:有効33万画素CMOSセンサー
外部メモリー
microSDカード(別売)
連続通話時間
約190分
連続待受時間
約680時間
本体サイズ/重さ
幅49×奥行き24×高さ105mm/約112g
本体カラー
ジェットブラック、スパークルホワイト、バーミリオンオレンジ、サーフブルー
発売時期
10月下旬以降


携帯電話機から離れると自動でロックがかかる『P903i』

あんしんキー 着せ替えパネル
カード状の“あんしんキー”が付属。これを身に付けておけば、携帯電話機から離れた場所でも中のデータを見られることなく安心できるP903i用の着せ替えパネル。別売りで付属のパネルと合わせて全10種類が用意される

パナソニック・モバイル・コミュニケーションズ(株)製の携帯電話機。カード型キー“あんしんキー”を同梱し、このキーを身に付けていれば、携帯電話機から離れたときに自動的にロックをかけられる“あんしんキーロック”機能を搭載。Bluetoothによるワイヤレス通信に対応し、対応ヘッドホンと接続してワイヤレスで音楽を視聴できるほか、最長約70時間の超時間連続再生が可能。別売の背面パネル“カスタムジャケット”を用意する。

ディスプレー
メイン:2.4インチQVGA(240×320ドット)
サブ:1インチ(96×64ドット)
カメラ
メイン:有効320万画素νMaicoviconセンサー、オートフォーカス付き

サブ:有効11万画素CMOSセンサー
外部メモリー
microSDカード(別売)
連続通話時間
約190分
連続待受時間
約640時間
本体サイズ/重さ
幅50×奥行き23×高さ103mm/約125g
本体カラー
ホワイト×パールストライプ、ブラウン×シルバー、オレンジ×オレンジ
発売時期
10月下旬以降


AQUOSの技術を採用した“モバイルASV液晶”パネルを搭載する『SH903i』

モバイルASV液晶パネル メニュー切り替え
同社の液晶テレビ“AQUOS”シリーズの技術を織り込んだモバイルASV液晶パネルを採用メニュー画面でカーソルキー左上のボタンを押すと、メニューの構成を切り替えられる

(株)シャープ製の携帯電話機。同社の液晶テレビ“AQUOS”シリーズで採用されている、画像をより鮮やかに見せる“SV(Super Vivid)エンジン”や明るさセンサーを搭載し、輝度や屋外での色再現性をアップさせた2.8インチワイド液晶パネルを搭載。WMA再生に対応。

ディスプレー
メイン:2.8インチワイドQVGA(240×400ドット)
サブ:―
カメラ
メイン:有効320万画素CCD、オートフォーカス付き

サブ:有効11万画素CMOSセンサー
外部メモリー
microSDカード(別売)
連続通話時間
約140分
連続待受時間
約520時間
本体サイズ/重さ
幅50×奥行き20×高さ108mm/約129g
本体カラー
サファイアブルー、オニックスブラック、オパールホワイト、ルビーレッド
発売時期
10月下旬以降


閉じたままで音楽操作ができるミュージックケータイ『SO903i』

イルミネーションミュージックキー メモリースロット
液晶背面パネルにイルミネーションミュージックキーを搭載し、ケータイを閉じたままで音楽再生操作ができる。サブ液晶では曲名などを表示できる外部メモリーはメモリースティックPRO Duo、miniSDカードの2つに対応。スロットはひとつで同時利用はできない

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(株)製の携帯電話機。ソニー(株)の携帯音楽プレーヤー“ウォークマン”に採用されている“Virtual Mobile Engine(VME)”を搭載し、最長約45時間の音楽再生ができる。サブ液晶下に音楽再生用のイルミネーションミュージックキーを搭載し、閉じたままで各種操作ができる。1GBの大容量メモリーを内蔵しており、気軽に音楽を取り込めるのも特徴。そのほか、外部メモリーとして、メモリースティックPRO DuoとminiSDカードの両方に対応する。

ディスプレー
メイン:3インチワイドQVGA(240×400ドット)
サブ:1.5インチ(128×128ドット)
カメラ
メイン:有効320万画素CCD、オートフォーカス付き

サブ:有効11万画素CMOSセンサー
外部メモリー
メモリースティックPRO Duo(別売)、メモリースティックDuo(別売)、miniSDカード(別売)
連続通話時間
約145分
連続待受時間
約515時間
本体サイズ/重さ
幅50×奥行き20×高さ106mm/約125g
本体カラー
ラッシュオレンジ、ブラック、ホワイト、ソニックイエロー
発売時期
10月下旬以降

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン