このページの本文へ

日本HP、エンタープライズ向けLinux『SUSE Linux Enterprise Server 10』を発売――2万6250円から

2006年10月11日 22時55分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は11日、ノベル(株)のエンタープライズ向けLinux OS『SUSE Linux Enterprise Server 10(スーゼ・リナックス・エンタープライズ・サーバ 10)』の販売を同日付けで開始すると発表した。“1CPU/サポートなし”と“2から32CPU/サポート付”の2製品をラインアップする。価格は1CPUが2万6250円、2から32CPUが16万5900円。

『SUSE Linux Enterprise Server 10』は、エントリークラスのサーバー“HP ProLiant 100”など組み合わせることで数万円台でサーバーを構築できるほか、複数のサーバーを利用するHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)などの用途にも利用できるのが特徴。中堅/中小規模の企業のグループサーバーやファイルサーバー、ウェブサーバーなどから大企業の基幹システムにも利用できるという。対応機種はHP ProLiantファミリーのサーバーで、メモリー512MB以上(1GB以上推奨)、HDD空き容量4GB以上(10GB以上推奨)が必要。

同社では、サポートサービスや情報を“HP Open Source Integrated Portfolio”として提供するほか、ノベルと強調してOS/ミドルウェア/ハードまで一括してサポートするとしており、既存のHP ProLiantサーバーのユーザー向けのLinuxシステム導入もサポートする。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン