このページの本文へ

【CEATEC JAPAN 2006レポート Vol.17】これぞ和洋折衷! 蒔絵を利用したLUMIXが登場

2006年10月05日 04時13分更新

文● 編集部 小林久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)のブースには、同社のデジタルカメラ“LUMIX”シリーズのための一角が設けられている。レンズ交換式一眼レフ機の『DMC-L1』を始めとして、LUMIXのフルラインナップが一堂に会している。

一同に会したLUMIXシリーズ

すでに発表済みの製品が大半だが、ライカレンズの参考出品『Summilux(ズミルックス) 25mm F1.4 ASPH.』や発表されたばかりのフォトプリンターなども展示。大画面のテレビに撮影したカメラの写真を表示する“テレ写”のコンセプトも積極的にアピールされている。

独特な質感を持つ、DMC-FZ07のコンセプトモデル

面白いところでは、人気機種の『DMC-FX07』の表面を、さまざまな方法で飾った参考展示がある。メタリックなグラデーションが楽しいチタンパウダーの蒔絵や、銀箔貼付によるいぶし銀の質感、漆+合金溶射による独特な質感など、和洋折衷のテイスト。なかなか斬新な印象のデザインとなっている。

一眼レフのDMC-L1も熱烈にアピール
カットモデルも展示されている

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン