このページの本文へ

AUDIOTRAKからPC用サウンドカードの新モデル「Prodigy HD2」が発売!LowProfileにも対応

2006年10月03日 23時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エゴシステムのコンシューマ向けブランドであるAUDIOTRAKから“Audiotrak Prodigyシリーズ”のサウンドカード「Prodigy HD2」が発売となった。120dBのダイナミックレンジを実現した2ch専用DAC AKM(旭化成マイクロシステム)製“AK4396”を採用した製品だ。

Prodigy HD2 Prodigy HD2
AUDIOTRAKから“Audiotrak Prodigyシリーズ”のサウンドカード「Prodigy HD2」が発売に。120dBのダイナミックレンジを実現した2ch専用DAC AKM(旭化成マイクロシステム)製“AK4396”を採用した製品だ

 この製品は最大24bit/192kHzまで対応するVIA製オーディオコントローラー“ENVY24HT-S”と2ch専用DACであるAKM(旭化成マイクロシステム)製“AK4396”を採用したサウンドカード。左右のチャンネルそれぞれに個別動作する低/中/高の全帯域で優れた特性を持つTI製“OPA2134 OPAMP”を採用。最終出力には“JRC5532 OPAMP”を採用する。全てのOPAMPは交換可能なソケット方式になっており、好みに合わせてOPAMPを交換することも可能だ。
 インターフェイスはRCAライン出力(LR)と光デジタル出力に加え、ステレオミニジャックのアナログ入力とヘッドホン出力を装備。300ohm以上のインピーダンスの高いヘッドホン使用時でも搭載したヘッドホンアンプ機能により高音質再生が可能という。なお製品にはLowProfileブラケットも付属する。価格はアークで1万2780円、TSUKUMO eX.で1万2980円、高速電脳で1万3200円となっている。

スペック インターフェイス
全てのOPAMPは交換可能なソケット方式になっており、好みに合わせてOPAMPを交換することも可能。インターフェイスはRCAライン出力(LR)と光デジタル出力に加え、ステレオミニジャックのアナログ入力とヘッドホン出力を装備する
【関連記事】
       
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ