このページの本文へ

サイズから低価格なATX電源“CoRE PoWER”シリーズが発売される!

2006年09月28日 22時04分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズから低価格なATX電源シリーズ“CoRE PoWER”が発売された。ATX12V ver2.2に準拠した製品で、500Wと400Wの2モデルがラインナップされている。漢字表記の製品名が多い同社の製品の中では、ターゲットをストレートに表現した製品名となっている。

“CoRE PoWER”シリーズ
低価格なATX電源“CoRE PoWER”シリーズがサイズから登場。500Wと400Wのsモデルをラインナップする

 流体軸受を採用する12cm角ファンを1基搭載しており、回転数およびノイズレベルは500Wモデルが700~1550rpm/最大28.9dB、400Wモデルが700~1400rpm/最大27.3dBとなる。コネクタ数は両製品とも共通でATXメイン(20+4ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×2、4ピンペリフェラル×6、Serial ATA×4、PCI Express(6ピン)×2となっている。価格は以下の表の通り。

本体 ノイズレベル
本体には12cm角ファンを1基内蔵。最近、多くの電源が採用しているように+12V出力は2系統用意している内蔵ファンのノイズレベルは、1550rpmで28.9dB、1400rpmで27.3dBとなる

サイズ
500Wモデル(CoRE-500-2006aut)
\5,280 ドスパラアキバ店
\5,680 CUSTOM
BLESS秋葉原本店
テクノハウス東映
パソコンハウス東映
サイズ
400Wモデル(CoRE-400-2006aut)
\3,880 ドスパラアキバ店
\3,980 CUSTOM
BLESS秋葉原本店
テクノハウス東映
パソコンハウス東映

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ