このページの本文へ

40度以下では完全停止!ファンコントロール機能“サイレントノイズキラー回路”を実装する電源がスカイテックから

2006年09月26日 23時42分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スカイテックからファンコントロール機能“サイレントノイズキラー回路”を実装するというATX電源“SKYTEC Power Panther”シリーズが発売された。搭載する120mm角ファンは40度以下では停止。最大回転時でも30dBと低騒音を実現しているという。

SKYTEC Power Panther
スカイテックからファンコントロール機能“サイレントノイズキラー回路”を実装するというATX電源“SKYTEC Power Panther”シリーズが発売

 本体はメッシュ仕様、着脱式ケーブル採用の製品で、搭載する120mm角ファンはブルーLED発光タイプ。コンデンサは日本製を採用。40℃~85℃まで対応するKスペックコンデンサを使用しているという点も特徴としている。“サイレントノイズキラー回路”によるファンコントロール機能は40度以下では停止し、それ以上は自動コントロール。最大回転数である2500rpmでも30dBという静音性もウリのようだ。その他、ケーブル構成はPCI Express用6ピン×2など一般的なもの。価格は520Wのスタンダードモデル「SKP-520PC」がクレバリー1号店で1万2358円、TSUKUMO eX.で1万2800円、640Wのミドルレンジモデル「SKP-640PC」がクレバリー1号店で1万3093円、TSUKUMO eX.で1万4800円、700Wのハイパワーモデルの「SKP-700PC」がTSUKUMO eX.で1万9800円となっている。

SKYTEC Power Panther SKYTEC Power Panther
“サイレントノイズキラー回路”によるファンコントロール機能は40度以下では停止し、それ以上は自動コントロール。最大回転数である2500rpmでも30dBという静音性もウリ。さらに背面の強制排気スイッチによりファンを100%で稼動させることも可能だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ