このページの本文へ

“VIA Luke CoreFusion Processor”搭載のMini-ITXマザーにファンレス仕様の「EPIA EK8000EG」が登場!

2006年09月20日 21時57分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CPUとNorth bridgeを統合した“VIA Luke CoreFusion Processor”を搭載するMini-ITXマザーボード「EPIA EK8000EG」がVIAから発売された。CPUのクロック周波数が800MHzのファンレスモデルとなる製品だ。

EPIA EK8000EG EPIA EK8000EG
CPUとNorth bridgeを統合した“VIA Luke CoreFusion Processor”を搭載するMini-ITXマザーボード「EPIA EK8000EG」がVIAから発売。動作クロックが800MHzへ下がったことで、大型のヒートシンクを装着したファンレスモデルとなるのが特徴

 この製品は先日発売されたクロック周波数1GHzのCPUをオンボードする「EPIA-EK10000G」の下位モデルにあたる製品。動作クロックが800MHzへ下がったことで、大型のヒートシンクを装着したファンレスモデルとなるのが特徴だ。
 主なスペックは拡張スロットがPCI×1。メモリはDDR400対応のDDR DIMMスロットが1本で最大1GBまで搭載可能。チップセット統合のVGA機能や2つのイーサネット、8chサウンド、Serial ATA×2、ATA133×2などをオンボード装備する。価格はテクノハウス東映で2万2580円、高速電脳で2万2800円、アークで2万3480円となっている。

I/O部 付属
チップセット統合のVGA機能や2つのイーサネット、8chサウンド、Serial ATA×2、ATA133×2などをオンボード装備する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ