このページの本文へ

NTT東日本、“ひかり電話”のつながりにくい状況が継続

2006年09月20日 18時40分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東日本電信電話(株)は20日、IP電話サービス“ひかり電話”のつながりにくい状況がふたたび発生していることを発表した。

同社管内の“ひかり電話”は、連休明けで通話が集中することから、通話を制御したことにより、19日の9時ごろからつながりにくくなり、いったん19日の19時59分に回復したとしていたが、システムの最立ち上げ行なうために、20日に通話を制御したことで、つながりにくい状況が発生。安定運用が可能になった時点で制御を緩和する予定だったが、20日の10時2分ごろから、さらにつながりにくい状況となっているという。

同社では原因を調査中としており、発生の防止と早期回復に向けた改善に取り組むとしている。

図版
ひかり電話輻輳状況について

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン