このページの本文へ

“雪花氷”という新食感アイスが大人気! 台湾スイーツ店「雪花の郷(しぇーほぁのさと)」が本日オープン!

2006年09月16日 23時27分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 中央通り沿いに、台湾スイーツを販売する「雪花の郷(しぇーほぁのさと)」が本日オープンした。場所は以前「Easy Way 喜楽茶」があった場所。同店でしか食べられない“雪花氷(しぇーほぁびん)”という新食感アイスが目玉商品となっている。

「雪花の郷」
台湾スイーツを販売する「雪花の郷(しぇーほぁのさと)」が中央通り沿いにオープン。関西のショップが関東に進出したもので、今回オープンした秋葉原店は東京1号店となる。初日の本日は行列ができるほど大盛況

 同店の案内によると“雪花氷(しぇーほぁびん)”は「従来のアイスとは全く異なった、あなたが未体験の食感。ファファ感はまるで雪のよう。口に含めばすぐに溶けてしまう。」とのこと。実際に食べてみたところ、アイスクリームとかき氷を足して2で割った、というか冷たい綿飴を食べているような食感だった。同店は某有名TV番組にて海の家の企画にもなっており、店頭ではその番組が紹介されていた。オープン初日の本日は、混み合う週末ということもあってか行列ができており、がちゃぽん会館のほうまで行列が伸びている時もあった。
 “雪花氷”のメニューは、ミルク味の“雪花の郷”(400円)、マンゴー入りの“金銀財宝”(以下すべて500円)、抹茶パウダー入りの“望郷”、イチゴソースの“ロマンチック”、チョコレートトッピングの“満天星”、某番組オリジナルの“おでかけライダー”、日替わりの“AKIBAスペシャル”など。関東ではここでしか食べられないということで、秋葉原の新名物になるかもしれない。

“雪花氷(しぇーほぁびん)” “望郷”と“AKIBAスペシャル”
軽い雪のようなアイスクリーム“雪花氷(しぇーほぁびん)”が同店の目玉商品左が抹茶パウダーがかかっている“望郷”、右が日替わりの“AKIBAスペシャル”。本日はマンゴーが入っていた
メニュー “望郷”と“AKIBAスペシャル”
メニューはミルク味の“雪花の郷”をベースに、イチゴソースやチョコレートトッピングなどのバリエーションがあるマンゴー入りの“金銀財宝”は、南海キャンディーズの静ちゃんが大絶賛した思い出の一品とのこと
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ