このページの本文へ

松下電器、英語の名刺やQRコードに対応した名刺管理ソフト『名刺読取革命Ver.2』を発売

2006年09月15日 23時39分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は15日、名刺に特化した文字認識エンジンを搭載した名刺管理ソフト『名刺読取革命Ver.2』(PTS-CPN0020)を10月13日に発売すると発表した。価格は5230円。5ライセンスの『PTS-CLN1005』を1万7325円、10ライセンスの『PTS-CLN1010』を3万450円、25ライセンスの『PTS-CLN1025』を6万5625円でラインアップするほか、ダウンロード版『PTS-CDN0020』(オープンプライス)も販売する。

製品パッケージ『名刺読取革命Ver.2』

『名刺読取革命Ver.2』は、2003年8月に発表した『名刺読取革命』の機能を強化したバージョンアップ版に相当する。スキャナーやデジタルカメラ(130万画素以上)、カメラ付き携帯電話機(100万画素以上)などを利用して名刺情報を読み取り編集することで、検索可能なデータに変換する機能を搭載しており、新機能として英語の名刺に対応した“英語認識モード”を搭載したほか、QRコードの認識、路線検索/地図検索などのソフト(乗換案内/駅すぱあと/Mapfan.net/ゼンリン地図帳Zシリーズなど)との連携を強化したのが特徴。“Yahoo! JAPAN”“goo”“infoseek”などの連携や、認識精度の向上も図られている。

そのほか、他社製の名刺管理ソフト『やさしく名刺ファイリングPRO』や『スキャナde!!名刺整理』のデータを取得することも可能。「氏名」「会社名」「登録日」などの項目(最大5項目)を設定できる条件検索や、同じ会社の名刺を部署ごとにフォルダー分けして整理できる機能も搭載されている。

入力画像の解像度は50~2400dpi(400dpi推奨)で、最大A3判の原稿に対応。画像編集機能は、色の反転/トリミング/ノイズ除去/傾き補正/回転/上下反転/左右反転/傾斜/シャープネス/エッジ強調/減色/明るさ/コントラスト/ガンマ補正/長方形化/カラーフィルターなどが用意されている。インポート/エクスポート可能なファイル形式は、CSV/テキスト/Jアドレス/ContactXML/Outlook CSV/Outlook Express CSVなどで、画像出力形式は、BMP/TIFF(非圧縮)/JPEG/PCX/DCXなどに対応する。

対応OSは、Windows XP Home Edition/Professional、2000 Professional(SP4以上)。対応機種は、Pentium III以上、128MB以上のメモリー(256MB以上推奨)を搭載したPC/AT互換機。製品パッケージには、パソコン用セキュリティーソフト『AegisLock Personal』の体験版も同梱される。なお、製造はパナソニック ソリューションテクノロジー(株)が行なう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン