このページの本文へ

米マイクロソフト、デジタルメディアプレーヤー“Zune”を発表

2006年09月15日 17時56分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米マイクロソフト社は現地時間の14日、デジタルメディアプレーヤー“Zune”を発表した。30GBのHDDと3インチ液晶パネルを搭載し、FMチューナーや無線LAN(IEEE 802.11g/b)機能を搭載するのが特徴。発売はホリデーシーズンの予定で、価格は未定。

カラーバリエーション ロゴマーク(縦バージョン) 製品パッケージ
本体カラーはブラック/ホワイト/ブラウンの3色ロゴマーク(縦バージョン)製品パッケージ
“Zune”

“Zune”は、音楽/静止画/ビデオの再生のほか、無線LAN機能を利用してZune同士で通信を行ない、市販されている楽曲のサンプルや、自分で録音した音楽、プレイリスト、写真などを共有できるという。楽曲のサンプルは3日間に3回まで最後まで聴くことができ、購入したい場合はオンラインショップ“Zune Marketplace”で簡単に購入できるようになっている。本体にはあらかじめレコード会社(ヴァージン・レコードなど8レーベル)の楽曲がプレインストールされて出荷されるという。本体カラーはブラック/ホワイト/ブラウンの3色をラインアップし、オーバーレイシートなどでカスタマイズ可能。

アクセサリーとして、自動車の中で利用するためのカーチャージャーなどのセット『Zune Car Pack』、家庭内で利用するためのAV出力ケーブルやドック(Zune Dock)、ACアダプターなどのセット『Zune Home A/V Pack』、持ち運んで使うためのイヤホンやバッグなどのセット『Zune Travel Pack』が発売される。アルテックランシング、ベルキン、ハーマン/カードン、JBL、ロジテック(ロジクール)などのサードパーティーからもアクセサリーなどが発売される予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン