このページの本文へ

“RADEON X1950 XTX”だけじゃない! “RADEON 1650 PRO”と““RADEON 1300 XT”搭載ビデオカードが登場!

2006年09月14日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ATIの新型GPU“RADEON X1950 XTX”を搭載したPCI Express x16対応ビデオカードの販売がついにスタートしたが、その下位モデルとなる“RADEON 1650 PRO”と、“RADEON 1300”ファミリの最上位モデル“RADEON 1300 XT”を搭載したPCI Express x16対応ビデオカードの販売も同時にスタートした。

Sapphire製の「RADEON X1650 PRO」 インターフェイス
Sapphire製の「RADEON X1650 PRO」インターフェイスはデュアルDVI、TV-OUT(HDTV対応)という構成

 “RADEON 1950 XTX”と同時に発表された“RADEON 1650 PRO”は、“Radeon X1600 XT”の上位モデルにあたる。コア/メモリクロックが“Radeon X1600 XT”よりそれぞれ10MHz上昇し、600MHz/700MHzに、メモリ帯域幅が22.1GB/secから22.4GB/secになった以外は“Radeon X1600 XT”とほぼ同じスペック。ちょうどnVIDIAの「GeForce 7600 GS」に相当する性能だ。本日販売を確認したのはSapphire製の「RADEON X1650 PRO」と XIAi製の「XIAi X1650PRO-DVD256」。両製品ともDDR2ビデオメモリを256MB搭載する。なお、XIAi製の「XIAiX1650PRO-DVD256」は、パッケージにコア/メモリクロックが600MHz/800MHzと記載されていることから、メモリがオーバークロックされているようだ。価格は以下の表の通り。

「XIAiX1650PRO-DVD256」 パッケージ
XIai製の「XIAiX1650PRO-DVD256」。パッケージによるとコア/メモリクロックは600MHz/800MHz

 一方の“RADEON 1300 XT”は、“RADEON 1300”ファミリの最上位モデルで、コア/メモリクロックは500MHz/400MHzとなる。“RADEON 1300 PRO”と比べると、バーテックスシェーダーが4から12へ、ピクセルシェーダーが2から5へと、3倍近く増加しているのが特徴で、性能は“Radeon X1600 PRO”に近い。本日販売を確認したのはSapphire製の「X1300 XT 512M GDDR2 PCI-E」(ビデオメモリ512MB搭載)、「X1300 XT 256M GDDR2 PCI-E」(256MB)、XIAi製「XIAiX1300XT-DVD256」(256MB)、玄人志向製の「RX1300XT-E256HW」(256MB)の4製品で、価格は以下の表の通り。

「X1300 XT 512M GDDR2 PCI-E」 インターフェイス
Sapphire製の「X1300 XT 512M GDDR2 PCI-E」。Sapphireは搭載ビデオメモリが512MBと256MBの2モデルをラインナップインターフェイスはDVI、D-Sub15ピン、TV-OUT(HDTV対応)という構成
「XIAiX1300XT-DVD256」 「RX1300XT-E256HW」
XIAi製「XIAiX1300XT-DVD256」。ビデオメモリは256MB玄人志向製の「RX1300XT-E256HW」。こちらもビデオメモリは256MB
Sapphire
「RADEON X1650 PRO」
\17,880 T-ZONE.PC DIY SHOP
XIAi
「XIAiX1650PRO-DVD256」
\15,770 フェイス
\15,800 高速電脳
Sapphire
「X1300 XT 512M GDDR2 PCI-E」
\14,970 フェイス
\15,980 ドスパラ本店
\16,380 アーク
\16,480 ツクモパソコン本店II
\16,800 高速電脳
Sapphire
「X1300 XT 256M GDDR2 PCI-E」
\12,970 フェイス
XIAi
「XIAiX1300XT-DVD256」
\12,970 フェイス
\13,480 ドスパラ本店
アーク
ツクモパソコン本店II
\13,800 高速電脳
玄人志向
「RX1300XT-E256HW」
\12,800 ツクモパソコン本店II
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ