このページの本文へ

日本HP、中小企業向けのレイヤー2 LANスイッチ3機種5製品を発売

2006年09月11日 19時48分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は11日、省スペース&低価格の中小企業向けLANスイッチシリーズ5製品を本日以降順次発売すると発表した。

発表された製品は以下の通り。

ProCurve Switch 2810シリーズ

ProCurve 2810-48G ProCurve 2810-24G
48ポート搭載する『ProCurve 2810-48G』ポートを24個に抑えた『ProCurve 2810-24G』
ProCurve Switch 2810-48G
44個の10/100/1000BASE-Tポート、4個のデュアル・パーソナリティー・ポート(10/100/1000BASE-TまたはMini-GBIC光ファイバーとして接続可能)を搭載。冗長化したパワーサプライを採用、最大16台のスイッチを単一のIPアドレスで管理できるスタック機能を搭載
本体サイズ:幅442×奥行き322.6×高さ43.2mm 重量:3.9kg
価格:67万2000円、販売開始日:今月11日


ProCurve Switch 2810-24G
20個の10/100/1000BASE-Tポート、4個のデュアル・パーソナリティー・ポート(同)を搭載。そのほか、2810-48Gと同等の機能を搭載
本体サイズ:幅442×奥行き322.6×高さ43.2mm 重量:3.27kg
価格:39万9000円、販売開始日:今月11日

ProCurve Switch 2510-24

ProCurve 2510-24
24個の10/100BASE-TXポートで価格を抑えた『ProCurve 2510-24』
ProCurve Switch 2510-24
24個の10/100BASE-TXポート、2個のデュアル・パーソナリティー・ポート(同)を搭載、ファンレス設計でオープンスペースなどでの利用にも有効
本体サイズ:幅442.5×奥行き236.2×高さ43.9mm 重量:2.22kg
価格:7万1400円、販売開始日:今月19日

ProCurve Switch 1800シリーズ

ProCurve 1800-24G ProCurve 2810-48G
24ポートを搭載し、ファイバーチャネル接続も可能な『ProCurve 1800-24G』8ポート搭載し、ファンレスで安価な『ProCurve 1800-8G』
ProCurve Switch 1800-24G
22個の10/100/1000BASE-Tポート、2個のデュアル・パーソナリティー・ポート(同)を搭載
本体サイズ:幅442.5×奥行き171.2×高さ43.9mm 重量:1.96kg
価格:8万8200円、販売開始日:今月11日


ProCurve Switch 1800-8G
8個の10/100/1000BASE-Tポートを搭載、ファンレス設計で動作音を低減
本体サイズ:幅196.3×奥行き116.3×高さ43.9mm 重量:0.54kg
価格:3万5700円、販売開始日:今月11日

今回発表した3機種は、中小企業向けのミドルレンジからローエンド向けのLANスイッチ。ユーザー認証にIEEE 802.1xや、MACアドレスに基づいたクライアント認証など“ProCurve”上位モデルにも搭載されるセキュリティー機能を搭載したほか、ウェブベースでの認証もできるなど、ローエンド製品に必要な使いやすさも備えるという。また、すべての製品に対して、使っている間の故障時には無償での製品交換が行なわれる“ライフタイム保証”を採用する。

都内で行なわれた発表会では米ヒューレット・パッカード ProCurve Networking by HP セールス・アンド・マーケティング グローバル・ダイレクターのマーク・トンプソン(Mark Thompson)氏らが製品に関する説明などを行なった。

トンプソン氏
ProCurve Networking by HP セールス・アンド・マーケティング グローバル・ダイレクターのマーク・トンプソン氏

トンプソン氏は、今回発表した3製品について「安いだけの製品でなく、ビジネスバリューといった価値を提案する製品」として位置づけており、「安さだけを求めると、品質面で限界が来る。ProCurveは品質、信頼性に価値を置く顧客向けの製品」と説明した。また、他社のローエンド製品との価格競争について、「ポート単価といった面で見れば、他にも安い製品はあるが、ウェブベースで管理できたり、他のベンダーでは1年保証であるところを、HPでは使っている間は保証が行なわれる“ライフタイム保証”を行なう。ローエンドの製品ではこういった機能は普通は盛り込まれない」と語った。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン