このページの本文へ

PC2-8800(DDR2-1100)対応をうたう高クロックDDR2メモリモジュールがOCZから登場!

2006年09月08日 23時45分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PC2-8800(動作クロック1100MHz)に対応したOCZ製DDR2メモリモジュール「OCZ DDR2 PC2-8800 Gold Dual Channel」(型番:OCZ2G11002GK)が発売された。PC-8500対応のメモリはCorsairPatriot Memoryから発売されているが、PC-8800対応は、編集部が確認する限り今回が初。現在発売されているDDR2メモリのなかでは一番クロックが高いメモリとなるだろう。

「OCZ DDR2 PC2-8800 Gold Dual Channel」
PC2-8800(DDR2-1100)に対応したOCZ製DDR2メモリモジュール「OCZ DDR2 PC2-8800 Gold Dual Channel」。1GB×2枚セットとなる
スペック
同社が“XTC”と呼ぶ、ハニカム形のヒートスプレッダを装着しているのが特徴。レイテンシは5-6-6-15

 同製品は“Gold Series”にあたる製品で、同社が“XTC(Xtreme Thermal Convection)”と呼ぶ、ハニカム形のヒートスプレッダを装着しているのが特徴だ。同社によると、ゲーマー向けという位置付けで、Socket AM2および“Core 2 Duo E”ベースのプラットフォームに最適化されているとのこと。電圧設定2.2Vでレイテンシは5-6-6-15。容量は2GBで、1GBの2枚セットとなる。価格はOVERCLOCK WORKSで6万1800円。
 なお、同社は、PC2-9000をうたう「PC2-9000 Ti Alpha VX2 DFI Special Edition」の発表を先月末に行なっている。DFI製マザーボード「DFI LANParty UT NF590 SLI-M2R」に最適化されたメモリとのことだが、こちらの発売も楽しみだ。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ