このページの本文へ

ソニー、3クリアビッドCMOSセンサー搭載のHDVビデオカメラ『HDR-FX7』を発売

2006年09月07日 18時20分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は7日、デジタルHDビデオカメラレコーダー『HDR-FX7』を11月11日に発売すると発表した。価格はオープン。市場推定価格は38万円前後。

『HDR-FX7』
『HDR-FX7』

『HDR-FX7』は、民生用ハイビジョンカメラの最上位機種で、独自の画素配列で1画素あたりの面積を拡大した新開発の有効104万画素の“3クリアビッドCMOSセンサー”(RGB各1枚)を搭載しており、最低被写体照度が8ルクスの高感度撮影が行なえるのが特徴。従来機種の『HDR-FX1』と比べて、容積が約60%、重量が約75%に小型軽量化されているという。画像処理エンジンには、信号相関画素補間により1920×1080画素のハイビジョン映像信号を生成できる“エンハンスド・イメージング・プロセッサー”を搭載しており、解像度が1440×1080画素の“HDV1080i”方式による記録/再生に対応しているほか、静止画(最大120万画素)をメモリースティックデュオに同時に記録することもできる。

レンズは特殊低分散ガラスを採用した光学20倍の“カール ツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ”を搭載する。ビューファインダー(0.54インチ/25万2000画素)のほか、モニター用に従来より約1.6倍のコントラスト比/広色域を持つ3.5インチワイド“クリアフォト液晶プラス”ディスプレー(21万1200画素)を搭載する。

記録メディアは、動画がミニDVカセットテープで、静止画はメモリースティック デュオ/PRO デュオを利用する。テープへの録画時間はDVと同じ。インターフェースは、HDMI、i.LINK(4ピン)、コンポーネント出力(D3/D1対応特殊D端子)、S映像出力などを搭載する。本体サイズは幅145×奥行き322×高さ156mm(レンズカバー付きフードを含む)、重量は約1.4kg。バッテリーは“インフォリチウム”Lシリーズを利用し、『NP-F970』(重量約400g)で最大8時間(HDVモード)の連続撮影が可能。ワイヤレスリモコンなどが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン