このページの本文へ

ソフトイーサ、システム管理者用拡張パック『PacketiX VPN 2.0 Administration Pack』の提供を開始

2006年09月07日 16時39分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトイーサ(株)は7日、VPN構築ソフト『PacketiX VPN 2.0』のシステム管理者用拡張パッケージ『PacketiX VPN 2.0 Administration Pack』の提供を開始すると発表した。

“Webインストーラ”のイメージ
“Webインストーラ”を設置したウェブページ

『PacketiX VPN 2.0 Administration Pack』は、『PacketiX VPN 2.0』を企業などで利用する場合のシステム管理者用拡張パッケージ。ソフトウェアコンポーネントとして“VPN クライアント簡易インストーラ作成キット”“VPN クライアント Web インストーラ作成キット”“PacketiX VPN Server SDK for .NET 2.0”が収録されており、エンドユーザーに配布するための“簡易インストーラ”やウェブページのActiveXコントロールをクリックすれば自動でインストールが行なえる“Webインストーラ”を作成できるのが特徴。“PacketiX VPN Server SDK for .NET 2.0”は、PacketiX VPN Server 2.0/Bridge 2.0にリモート接続して自動制御するためのライブラリーで、Microsoft .NET Framework 2.0対応のAPIを提供するもの。

同社では、『PacketiX VPN 2.0 Administration Pack』を利用することで、システム管理者が管理やサポートのコストを低減できるとしている。なお、拡張パッケージは、PacketiX VPN Server 2.0 Enterprise Editionの製品の一部として、追加料金無しで提供される。

併せて、“PacketiX VPN Server 2.0 64-bit Edition 大幅割引キャンペーン”を12月末まで実施すると発表した。これは、64bit CPU対応の『PacketiX VPN Server 2.0 64-bit Edition』を9万円(通常価格は12万5000円)で提供するキャンペーン。これにより32bit版と同じ価格で64bit版を購入できるという。32bit版から64bit版へのアップグレードも4万円(通常7万5000円)で提供するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン