このページの本文へ

人気モデルの予感! nVIDIAの新型GPU“Geforce 7900 GS”を搭載したPCI Express x16対応ビデオカードの販売が明日7日から一斉にスタート!!

2006年09月06日 21時53分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 nVIDIAの新型GPU“Geforce 7900 GS”を搭載したPCI Express x16対応ビデオカードの販売が明日7日(木)から一斉に始まる。“Geforce 7900”シリーズ最下位モデルという位置付けのようだが、価格と性能のバランスが取れた人気製品となりそうだ。

WinFast PX7900 GS TDH 256MB WinFast PX7900 GS TDH 256MB
オリジナルクーラーを搭載するLeadtek「WinFast PX7900 GS TDH 256MB」。このクラスのカードが2万円後半で購入可能というお買得感が最大のポイントとなる

 “Geforce 7900 GS”の詳細は正式発表を待たねばならないが、事前の情報を元にすると「コア/メモリクロックが450MHz/1320MHzでピクセルシェーダーは20、バーテックスシェーダー7、ROP16、メモリーインターフェース256bit」などというもの。スペック的には“Geforce 7800 GT”に近いものだが、同GPUが発売された当時の価格は4万円後半から5万円前半。1年経ったとはいえ、それに近いスペックのカードが今回は2万円後半で購入可能というお買得感が最大のポイントとなる。

Tornado Geforce 7900GS Tornado Geforce 7900GS
Inno3D「Tornado Geforce 7900GS」。標準スペックにリファレンスデザイン準拠という一般的な作り。販売価格も安めだ

 今日の時点で入荷を確認しているのはInno3D「Tornado Geforce 7900GS」とLeadtek「WinFast PX7900 GS TDH 256MB」、XFX「XFX Geforce 7900GS 480M(PV-T71P-UDE7)」の3モデル。カード外観はLeadtekがオリジナルクーラーで残りの2モデルがリファレンスデザイン準拠という印象だが、XFXのみコア/メモリクロックをオーバークロック(450MHz→480MHz/1320MHz→1.37MHz)した製品となる。
 その他の仕様は共通で搭載メモリがDDR3 256MB、インターフェイスがDual DVI/TV-OUT(HDTV対応)、nVIDIA SLI対応というもの。明日以降、多数のメーカーからも発売が予定されており、しばらくは新製品が続きそうな印象だ。今日現在で確認できている明日販売予定のショップと予価は以下の通りとなっている。

XFX Geforce 7900GS 480M XFX Geforce 7900GS 480M
XFX「XFX Geforce 7900GS 480M(PV-T71P-UDE7)」。コア/メモリクロックをオーバークロック(450MHz→480MHz/1320MHz→1.37MHz)した製品となる
裏面 付属品
搭載メモリがDDR3 256MB、インターフェイスがDual DVI/TV-OUT(HDTV対応)、nVIDIA SLI対応というスペックは共通だ
価格 ショップ
Inno3D
「Tornado Geforce 7900GS」
\25,800 テクノハウス東映
パソコンハウス東映
\26,780 アーク
\27,980 高速電脳
Leadtek
「WinFast PX7900 GS TDH 256MB」
\27,480 アーク
\27,770 フェイス
\27,780 TWOTOP秋葉原本店
\28,800 高速電脳
XFX
「XFX Geforce 7900GS 480M(PV-T71P-UDE7)」
\26,980 TWOTOP秋葉原本店
価格未定 アーク
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ