このページの本文へ

滝沢乃南が映画『MADE in AKIBA』で映画初主演。ロケの裏側はDVDで先行チェック!!

2006年09月04日 22時04分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フジヤマ、ゲイシャに並ぶ日本文化となった秋葉原のメイド。彼女たちにスポットを当てた映画『MADE in AKIBA』が12月中旬に公開されることになった。主人公は95cmの巨乳の持ち主にして、清純なイメージで人気のグラビアアイドル・滝沢乃南さん。公開に先立って同タイトルのDVD『MADE in AKIBA』(発売:ジャパンホームビデオ、販売:竹書房/3990円)が発売され、2日にラムタラMEDIA WORLD AKIBAにて記念イベントが開催された。

「秋葉原で育ち、歌手に憧れながらメイドカフェで働くミナノという子を演じます。ある日、秋葉原のホームで障害を持っていた小学校の同級生と再会。そこから始まる切ないストーリーです」

滝沢さんによる映画の説明はざっとこんな感じ。同級生役のカナコは女優の前田綾花さんが演じる。映画にはJR秋葉原駅のコーヒースタンドや万世橋など、おなじみのスポットも多数登場。秋葉原を頻繁に訪れている人なら、ロケ地がどこなのかがわかるはずだ。

今回発売されたDVDは映画の先行版ということで、メイキング部分やイメージ映像などが収録されている。ロケの裏側をカメラが追っているのだが、「収録の合間に和んでいたり、頑張っている様子が見られる点が見どころだと思います」とコメント。滝沢さんは映画初主演だったため、「演技から想いが伝わってこない!!」と監督に怒られたりもしたという。



ステージに現れた滝沢さんは、映画で着たものと同じメイド服。「映画の撮影が終わったので、もう着られないと思っていた……」と再びメイド服を着られたことに嬉しさを感じていた

ステージに現れた滝沢さんは、映画で着たものと同じメイド服。「映画の撮影が終わったので、もう着られないと思っていた……」と再びメイド服を着られたことに嬉しさを感じていた。映画のロケは2月に行なわれていたのだが、この格好をした滝沢さんを万世橋付近の中央通りなどで見かけた人もいるのではないだろうか?

映画の公開はクリスマスからお正月にかけて、テアトル系にてレイトショーで公開予定。アキバ文化未体験の人たちも“萌え~”な体験ができる青春映画となっている。

■プロフィール

滝沢乃南(たきざわ・のなみ)
生年月日:1985年12月14日生まれ
出身地:埼玉県出身
血液型:A型
サイズ:T155、B95、W59、H85
趣味:体を動かすこと、デジカメで自分を撮ること
特技:歌を歌うこと

【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ